【保存版】忘れ物の多い子供に、親が取るべき対策とは?【放っておくのは、NGです】

こんにちは。

最近、
「うちの子が忘れ物がひどくて困っています…」

という内容の質問をいくつか頂いたので、

今回は、中学受験業界に10年以上携わってきた、
プロ家庭教師Edenの居村が、
忘れ物について話そうと思います。

忘れ物をする原因

まず、
子供が忘れ物をする原因について。
これって正直、明確な原因はないんです。。

実は、子供の忘れ物というのは、
「しょうがないこと」なんです。

脳は忘れるようにできてます。

そもそも脳は、一定期間たつと、
記憶が消えていきます。

大人でも、忘れ物をすることは、ありますよね。

なので、
忘れることはしょうがないという前提の上、
どう忘れることを減らしていくか。

という考えが大事です。

自己責任は、放っておくのはNGです。

また、
保護者の方には、
「忘れ物をするのは自己責任で、困るのも自分だから、
放っておくべきだ」

という考えの方もいると思います。

しかし、それは危ない考えです。。

理由を説明します。↓

①特に痛い目に遭わない。

まず、
忘れ物をする子供は、
「自分で痛い目に遭って、勝手に反省して、忘れ物を直していくだろう」

という考え。

確かに、痛い目に遭ったら、反省すると思うのですが、
実際、忘れ物をよくする子は、痛い目に遭いません。

忘れ物をしたことを隠したり、
友だちに借りたりして、

上手い事、やり過ごすのです。

②他人に借りて頼る癖がつく。

そして、忘れ物をよくする子供は、
学校や塾で、友だちのものを借りることがありますよね。

それが何回も続いていくと、
「また借りればいいや」

と思って、
自分で自分のことをやろう

という気持ちが消えてしまうのです。

③単純に学力低下

あと、単純に、学力が低下します。

忘れ物をしたことを先生に言わない場合、
教科書など、がないまま授業を受けることになり、
もちろん学習効率が落ちます。

友だちに教科書などを借りる場合も、
やはり自分一人で見るのとは勝手が違いますから、
授業を受けにくいものです。

→親が解決を図りましょう。

なので、
忘れ物が多い子供を、放っておくのではなく、

保護者の方から能動的に、解決を図るべきだと思います!

親がするべきこととは?

black phone on top of white notebook

そこで、
子供の忘れ物を直すために、
親がするべきことを話します。

なぜ忘れたのかを聞き、考えましょう。

まず、
子供が忘れ物をしたと言い出した場合、
「どうして、忘れたの?」
と子供に聞きましょう。
(怒る感じではなく、普通に聞いてる感じで!)

「ウッカリだった」という答えが多いと思いますが、

そこで、
「なぜ、ウッカリしたのか」
を考えましょう。

「朝起きるのが遅く、慌ただしかったから」
「時間割を間違えていた」、
など具体的な言葉が出ればそれでOKです。

原因を振り返る事は、大事です。

それから、
「じゃあ次に、どうしたら忘れ物をしなくなるか」

を、子供と一緒に考えましょう♪

そこまでできたら完璧です。

整理整頓させましょう。

整理整頓をさせましょう。

忘れ物をよくする子供の場合、
部屋が汚いことが多いです。

また、部屋が綺麗でも、
プリントがぐちゃぐちゃだったり、
自分のものが自分で整理できていない子供が多いです。

寝る前に明日の準備をさせましょう。

やはり、
忘れ物の原因として一番多いのは、
「朝バタバタしていて、うっかりしていた」
です。

なので、寝る前に明日の準備をさせることが、
手っ取り早い解決法だと思います。

もし、
子供が言うことを聞かず、前日の夜に準備をしない場合は、
保護者の方が一緒に準備をしてあげてもいいでしょう。

結論です。

子供の忘れ物は、しょうがないけれど、直しましょう。

今日の記事は終わりです。

お知らせです。

ついに、
4000ダウンロード突破した
「中学受験の赤本」📕

「今までの受験勉強とは全く違うアプローチで目からウロコでした」
「旦那や息子にも読ませて、勉強させます」
「成績が悪い理由がわかりました!」

など毎日嬉しいメールが止まりません📩😊

1人でも多くの方に読んで欲しい内容です♪
もうすぐで無料ダウンロードの期間が終了しますので、
今すぐチェックしてくださいね😊


記事公開日・最終更新日 2019年11月24日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です