【中学受験】「スピード感」は早めに身に着けないと、まずいです【普段の行動の意識で、つきます】

こんにちは。

突然ですが、皆様のお子様は、

勉強、また、普段の生活の中に
「スピード感」
はありますか?

スピード感は、受験において、かなり重要です。

そこで今日は、中学受験業界に10年以上携わってきた、
プロ家庭教師Edenの居村が、スピード感について話します。

「スピード感」をつけるべきです。

man riding motorcycle at the road during daytime

日頃の生活・学習態度にスピード感がある子の方が、
中学受験に有利です。

なぜか?

なぜでしょう?

ずばり、入試本番では、
「解ける」、「解けない」の問題を見極める、素早い判断力や、
計算・記述問題をこなすときの速さが
合否を左右するからです。

スピード感が身につかない子もいます。

スピード感は、
中学生の頃になれば、多くの子が身につけるようになります。

しかし、

なかには小さい頃からのおっとりした傾向が抜けきらず、
苦労する子もいます。

たとえば文字を書くのが遅いと、
入試の場面だけでなく、
授業でノートをとる際にも苦労します。

実はこの運筆のスピードは、
一般的には小学校の中学年までに大体決まってし
まいます。

鍛えるとすれば、
3年生くらいまでが限度ではないかと思います。

中学受験しなくても、大事です。

もしお子様が、
中学受験はしないにしても、


中学以降の勉強や、高校・大学受験、
さらには、社会人になってからのことも考えれば、
スピード感はできるだけ早い段階で養っておくべきです。

怠け癖がついてしまいます。

早い時期に、
生活・学習習慣のスピード感を修正しておかなければな
らない理由が
もう一つあります。

それは、
小学3年を過ぎると宿題が少しずつ増え、
サボりたい気持ちを出す子が、多くなるからです。


「宿題はもうやったから、ドリルのほうはパスしていい?」
「今日は体育の授業で疲れちゃったから、音読はしなくていいよね」

やるべきことを、やらなくてもいい理由をみつけて回避しようとするのです。

さらには、
勉強だけに限らず、
ちょっとでもやりたくないと思うと、
それを正当化するような理由探しが始まります。

こういう怠け癖は、一度ついてしまうと、なかなか抜けません。

親御さんにとっては、 中学年時期の要注意ポイントです。

学校では重視されません。

しかしこのスピード感、

学校の授業では、ほとんど重視されません。

字を書くときも
「トメ」 「ハネ」「ハライ」
は指導しますが、
運筆が遅くても特段注意されるわけではありません。

となると、
家庭で親御さんが目を配るしかありません。。

と、いうことになります。。 

では、お子様にスピード感を持たせるには、どうすればいいでしょう?

日常的な行動の見直しです。

person walking on gray concrete pavement


生活・学習習慣でスピード感を養っていくには、
まず、日常的な行動の見直しから入ったほうがいいでしょう。

歩くスピード。

たとえば、歩くスピードです。

マイペースの子は、
一緒に買い物などに出かけるときでも、
ゆっくりと歩きがちです。

そんなとき、
まずお母さんがスタスタと歩いてしまうのです。

子どもが「待って」と言っても、
「先に行っちゃうわよ」と意に介さずスタスタと歩く。

慌てて子どもは追いつこうとするはずですが、
そのスピード感に慣れさせるのです。

夕食の手伝いも。

夕ご飯の支度など家事のお手伝いをさせるときは、
一つの作業が終わるのを待たず
「次はあれね」
と、常に次の作業を意識させるようにします。

一つの作業をこなすときに、
次の段取りも考えながら作業する。

この意識を常にもつように、
日頃から何度もお子さんに 声掛けしてください。

【注意点】考えるのは、じっくりです。

man wearing blue plaid dress shirt and blue jeans

ただし、
一つだけ注意点があります。

思考力が計られる場面では、
スピード感は封印しましょう。

日常行動や勉強の段取りでスピード感やテキパキ感を
意識させるのはいいのですが、

たとえば、
じっくり考えるべき問題と向き合っているときに、
「まだできないの?」などとせかすのはいけません。

思考力問題で「早く、早く」 は禁句です。
段取りは速く、考えるのはじっくり。これが原則です。

結論です。

スピード感は、日常から養わせましょう。
ただし、じっくり考える時もあります。

今日の記事は終わりです。

お知らせです。

ついに、
4000ダウンロード突破した
「中学受験の赤本」📕

「今までの受験勉強とは全く違うアプローチで目からウロコでした」
「旦那や息子にも読ませて、勉強させます」
「成績が悪い理由がわかりました!」

など毎日嬉しいメールが止まりません📩😊

1人でも多くの方に読んで欲しい内容です♪
もうすぐで無料ダウンロードの期間が終了しますので、
今すぐチェックしてくださいね😊


記事公開日・最終更新日 2019年11月20日

参考図書
参考・引用 高濱正伸『危ない中学受験』2014

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です