【英語学習】「日本人は『英語』の才能ない」は本当か嘘か?

こんにちは。

現在、学生から大人にかけて、英語を勉強されている方は多いでしょう。

小学生の低学年でも英語を習っている方もよく見かけます。

そこで、必ず一度は思うのが、
「日本人、英語の才能ないよな…」
ということです。

よく母国語が英語でない人達が英語を使って仕事をしている映像などを観て、
そう思うことがあるはずです。

なので、
才能ないし、英語はあんまりやっても意味ないんじゃないか
と感じることもあるでしょう。

そこで今回は、プロ家庭教師のEdenが、
果たして日本人は英語の才能がないのかどうか
ということについて話します。

日本人が「英語の才能ない」は間違いです

 

英語に苦手意識を持ち、
「英語は難しくて、ものにならない」
と思っている方は多いでしょう。

「日本人は英語が下手だ」という認識を持っている方も多いと思います。

ただ、
日本人が英語が下手な理由は何かというと、
日本が自国語で学問ができる先進大国であることなのです。
これは間違いありません。


日本では日本語だけでほとんど用が足ります。


日本語で学問ができ、仕事ができるため、それでほとんど完結しているのです。

 

しかし、昔からそうだったわけではありません。

明治の頃は、新しい学問そのものが西洋のものであり、
日本語に翻訳されていなかったので、勉強するにあたっては、
横文字の本を読まなければなりませんでした。

西洋から呼んできた外国人の先生に教壇に立ってもらい、
英語などによる講義を受けなければならない時代だったのです。

 

それが、一世代を過ぎると、
優秀な人たちが次々と西洋に留学しては帰ってきて、
本を翻訳したり、
それについて日本語で講義したりできるようになってきました。

 

そういう形で、日本語でほとんど用が足りるようになってきたのです。

実際、母国語では勉強が充分にできない発展途上国の人たちは、英語がよくできます。

アフリカやインドの人たちは、留学すると、英語が非常に出来るようになります。

最近は、アメリカの大学の留学生の中で、
成績が上位で賞を取ったりする人は、
ほとんどがアジア系だと言われています。

しかし彼らも、
日本のように母国語で用が足りるようになってきたら、
成績優秀者にならなくなってくるでしょう。

 

「母国語では勉強ができず、英語でなければ勉強ができない」
という人たちは、
英語に対して高いニーズを持っていますし、
勉強熱心なので英語をマスターしてしまい、
留学しても成績優秀者になることが多いのです。

 

そういう面もあるので、どうか
「日本人は才能的に英語ができないのだ」
とはあまり思わないでください。

「日本語で充分に用が足りていて、英語を使わなくても生きて行けるため英語ができない」

ということであり、
英語を話す外国人と接したりしないと、
英語はなかなか話せるようにならないものです。

英語を母国語としない国の人の場合、
母国語による学問や仕事が確立していない方が、
英語が上手になるのです。

そのように、
今の日本ではそれほど英語を使わなくても済むため、
それで日本人の英語力が遅れている面があるのです。

日本人がそもそもの語学的な才能で劣るわけではありません。

 

NEWS!!

家庭教師Edenでは、
↓5日間で中学受験の勉強方法を無料で全て教えています↓

 

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください