【受験】日本人が「英語」を学ぶ本当のメリットとは?

こんにちは。
受験生の方は、日々勉強を頑張っている事だと思います。
受験勉強で最も配点が高いのは、おそらく英語でしょう。
最近は小学生であっても、英検などに取り組んでいますよね。
そこで質問です。
はたして英語を学ぶ意味、メリットって、何でしょう?
もちろん、受験に成功する、以外のことです。
日本人は英語が苦手で、もっと勉強しようと言われていますが、
将来海外に行きたい人以外は、英語を勉強しなくても、よさそうですよね。
そこで今回は、プロ家庭教師のEdenが、日本人が英語を学ぶ本当のメリットを話します。

英語を学ぶことで異質な目が得られる

英語を学ぶことのメリットって、いったい何でしょう?

「母国語以外の言語を知っている」
ということは、人生を2度生きるような意味があります。
これがこの問いのカギです。

どういうことか。

「もう一つの言語に通じる」
ということは、
「その言語を使ってきた人々の人生観や文化を学ぶ」
ということなので、
生きながらにして、もう一つ別の人生についての研究ができることになります。

つまり、
「他の言語を学ぶ」
ということは
「考え方、思考方法や文化の背景の違いを知る」
ということにも繋がるのです。

そして、そのようにして得られる認識力、異質な目というのが役に立つのです。

何事も、母国語だけで考えている時には、
「これは当然の認識であり、こうでなければいけない」
と思うことでも、
異質な言語を学び、他のことを色々と勉強してから見てみると、
少し違った感じに見えてくることがあります。

この異質な文化から見た目によって、自分自身の違う面を発見することもできますし、自分たちが属している社会や会社などの問題点や違う面が見えてくることもあるのです。

そういう異質なものの目を持たないで、自国の文化のなかだけにいたら、
「これは、おかしいらしい」
「これは遅れているらしい」
ということが分からない場合もあるのです。

英語をマスターすると生きていく力になる

もう一つのメリットとしては、
外国語、特に英語をマスターすると、生きていく力になるということです。

現代はグローバリズムの時代なので、
やはり、出来るだけ外国語をマスターしたほうがいいでしょう。

何か国語もできれば、それに越した事は無いのですが、
実際には、誰しも能力はそれほどないので、英語だけでも充分です。
多くの国や地域では英語で話が通じますし、
英語で読めない文献とは、ほとんどないので、
英語1カ国語だけでもマスターすれば、人生は2倍位の密度になります。

なので、受験をされる方々は、
「全教科の合計点では、とても秀才になれない」ということであれば、
「英語一教科に絞り込む」という事でもよいでしょう。
英語1つだけでもできると、それを新しい武器として人生を戦っていけることがあるので、英語は非常に大切です。

もちろん、特に英語の中でも基礎の部分には、面白くない面があります。

中学校や高校ぐらいになると日本語であれば、内容的にはかなり高いレベルのものが読めるのに、
英語の方では、基礎レベルの内容のものを勉強させられます。
内容のレベルは低いし、細かい文法の間違いなどを延々と指摘されたり流されたりするので、腹が立ってきます。
「できない」「達成感がない」ということで、いやになってくるのです。

しかし例えば、
「1年間、英語の文法に取り組み、こつこつと間違いを直して、できるようにしていく」という努力には、
異文化への接近と言う意味もありますし、一つの頭脳訓練として重要な意味もあります。
緻密な頭脳や、「一定のルールに基づいて作業していく」という頭脳を作る上で、
非常に役に立つので、いとわずに取り組んだ方が良いでしょう♫

NEWS!!

家庭教師Edenでは、
↓5日間で中学受験の勉強方法を無料で全て教えています↓

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください