【中学受験】スマホは親(特に父親)と子のホットラインとして使うのがおすすめです

こんにちは。

中学受験をされるお子様を持つ保護者の方で、
「子供に携帯電話を持たせるか否か」
迷っている方はいませんか?

本記事ではプロ家庭教師のEdenが、中学受験とスマホの関係について話したいと思います。

スマホは親(特に父親)と子のホットライン?!

インターネットのみならず携帯電話のサイトが、
性犯罪や暴力事件、いじめや自殺などの温床になっていると指摘されて久しいですよね。

しかしながら、中学受験をさせる親の中には、
「うちの子、夜遅く塾から帰宅するので買い与えておきたい」
「遠くまで習い事に行っているので、心配だから持たせておきたい」
など、セキュリティの面で持たせたいと考えている方は多いはずです。

そういう意味では、携帯電話はメリットとデメリット、
両方存在する情報ツールということになります。

そこで、私が家庭の中で、上手に利用しているなと感じた例をご紹介しましょう。

それは、親子のホットラインとしてだけ使うという方法です。

家族間の通話は無料という、よくある携帯会社の特典を活かし、
スマホを購入する際にあらかじめ子供に、親子間だけで使うと約束させて持たせた家庭の話です。

長男が、武蔵など複数の難関中学に合格したこの家庭では、
両親と祖母に限定して電話とラインを許可しました。

GOサインを出したのは父親です。
長男が通っている大手進学塾は、塾の教室から最寄りの駅まで警備員を配してセキュリティには万全を期してくれてはいるが、そこから電車に乗って夜遅く帰宅することに男の子であっても不安であり、ラインであれば口で言いにくい悩みでも抵抗なく伝えられるのではないかと判断したからです。

スマホのゲームは利用しない。
仲のいい友達でもラインはやらない。
もしそれらの約束を破った場合、即刻取り上げる。

この家庭では、この三点を厳しく言い含めて購入に踏み切りました。
「母親とよりも私との方が電話やメールのやりとりは多かったですかね。一緒にいる時間が長い母親よりも、男同士の私の方が相談しやすかったみたいですね」

こう語る父親の携帯電話には、
「これから帰るってお母さんに電話しといて」
といった電話がかかってきたり、
「春休みが全部、復習で終わっちゃうよー(泣)」
「今日の組み分けテスト、最悪~、算数が難しかった」
「同じクラスの○○、チョームカつく」
「テスト、多分よかったよ。乃木坂のCDゲットかな」
というようなメールが頻繁に入るようになりました。

そのたびに、
「了解。お父さんからお母さんに電話しておく」
と答えたり、
「今復習しておけば夏ごろには成績がぐーんと上がるよ。お父さんも昔、そうだったよ。でも家族でお花見くらいは行こうよ」
「テストできたか?すごいな。頑張ったじゃん。乃木坂のCD、買いに行こうよ」
などと返信していました。

息子が抱えている悩みとか表には出ない感情がよくわかりました。やっぱり仕事があるので受験そのものには関われなかったですけど、ホットラインで今どんな気持ちでいるのかとか、先生や同級生との人間関係とかを知ることができたので良かったと思います。家族とのつながりが息子の支えにもなったのではないでしょうか

このように父親の方は振り返っています。

親しい友達とのラインまで禁止するのは、
現代の子供を見ると、少し苦しくも見えますが、
親との特別な連絡手段として、スマホを利用してみるのもいいのではないでしょうか?

NEWS!!

家庭教師Edenでは、
↓5日間で中学受験の勉強方法を無料で全て教えています↓

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください