【中学受験】みんなやってるかも?絶対にやってはいけない勉強法を紹介します

こんにちは。

中学受験をされる方は、これから冬にかけて、
過去問演習をしたり、新たな単元を進めたりと、勉強を頑張る事だと思います。

しかし、
塾を変えても、家庭教師をつけても、自習時間をたっぷりとっても、一向に成績が伸びない子供に限って、
「それじゃあできるようにならないはずだよ」
と思うような勉強法をしているものです。

もし、そんな勉強法をしているのであれば、即刻やめるべきです!

そこで今回は、プロ家庭教師のEdenが、
みんながやってるかもしれない、絶対にやってはいけない勉強法を紹介します。

絶対にしてはいけない4つの勉強法

光, 赤, 停止, ストリート, 交通信号

次に挙げる4つの勉強法はその代表的なものですが、
逆に言うと、
こうした自己流の勉強法さえ改めれば、人並みのレベルまで学力を伸ばすことは、
それほど難しいことではありません。

では、紹介していきます。

①間違った答えを消しゴムで消す

自分の書いた答えが間違いだとわかった途端、その答えを消してしまう子供がいます。

これでは、自分がどこでつまづいたのか、何が分かっていなかったのか、後から確認することができません。

子供にしてみれば、間違えてしまったことが恥ずかしいという思いがあるのでしょうが、
受験本番で正解できればいいんだということを分からせたうえで、
自分の答えに赤ペンで×をつけ、赤字で訂正するくせをつけさせてください。

②そこら辺の紙で勉強する

ルーズリーフやレポート用紙、広告の裏側などで勉強するくせがついていると、
後で確認したいと思った時にすぐに出てこなかったり、
間違って捨ててしまっていたりということが起こりやすくなります。

一度に何冊のもノートを使っている場合も同じです。
どこに何を書いたかが分からなくなり、せっかくの解説や重要事項の確認ができなくなってしまいます。

算数や理科の細かい筆算には、裏紙などを使って大丈夫なのですが、
問題の答え(算数の場合は、図や式も)と間違った箇所の訂正、塾や家庭教師の解説は、
必ず一冊のノートに書くようにさせてください。

ノートの表紙に、「社会の授業ノート」などと書き、
何のためのノートかをはっきりさせるのが良いと思います。

③算数の答えだけを書く

算数ができない子供のあるあるとして、
問題文中に登場する数字を適当に組み合わせ、自分が何をしているのか分からないまま、答えを導きだそうとする、
というのがあります。

これは、どの問題にどの解法を使うかという基本的な知識が、全く身についていないために起こることです。

算数を一瞬のひらめきで解く教科のように言う人もいるようですが、
あるレベルに達するために、様々なパターンの問題の解法を「暗記」し、自分で問題を解くときにそれを再現するという意味で、
算数も、理科や社会のような暗記科目と、それほど大きく違っていません。

そこで重要なのが、
答えを導き出すための図(線分図、面積図など)や途中式を、常にしっかり書くようにすることです。

算数が苦手な子供には、この途中経過を省略し、答えの数字のみをノートに書く傾向があります。

テキストの余白やノートの欄外に、図や式らしきものは見られるのですが、
走り書きで何かいているのか分からないものばかりです。。

これでは答えが違っても、
計算ミスが原因なのか、解き方が理解できていなかったのかが分からず、問題を解く意味がありません。

④無駄な書き写し作業

理科や社会のテキストには、一問一答式や穴埋め式で、基本的な知識を確認するものがあります。

塾の夏期講習や冬期講習で使われることが多いのも、この手のテキストですが、
暗記科目の成績が伸び悩んでいる子供に限って、
別の教材から答えを探して書き込むというやり方で、これらの問題に答えています。

しかし、この程度の問題ならひねった問題が出題されることもありませんから、
本来ならば、他の本を調べたりしないで回答できなければなりません。

どうしても分からないというのなら、他の本で確認するのも仕方がありませんが、
単なる書き写しに終わっては、何の意味もない作業になってしまいます。

答えらしき単語が見つかったら終わり
ではなく、その単語の説明に当たる前後の文章をよく読んで、記憶に焼き付けるようにしましょう。

その上で、少し時間を置き、同じ問題を解いてみて忘れていなかったら、まずは合格です。

それでも、一度できたぐらいでそれっきりにしているとまた忘れますから、
何度か繰り返してやり直すことが重要です。

今日紹介した勉強をもしされていた場合、
今のうちに、完全にやめておくことをおすすめします!

記事をご覧くださり、ありがとうございます。

NEWS!!

家庭教師Edenでは、
↓5日間で中学受験の勉強方法を無料で全て教えています↓

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください