【中学受験】中高一貫校のメリットとデメリットを正直に話します

こんにちは。

保護者の方の中で、お子様に中学受験をさせて、中高一貫校に入れようか迷っている方はいませんか?

顧客の数を増やそうと中学受験のメリットのみを前面に出している会社もありますが、
やはりお子様の将来をしっかりと考えるには、中学受験、中高一貫校のメリット、デメリットを把握しておく必要があります。

そこで今回は、プロ家庭教師のEdenが、
かなり大きくの質問を頂きました中高一貫校のメリットとデメリット、についてお話しさたいと思います。

中高一貫校のメリット

メリットその① 勉強のスピード

なんと言っても高校受験がないため、ゆったりと高校の勉強に早めにとりかかることができます。
多くの中高一貫校では、中学2年や3年の段階で、高校の知識を授業に導入しています。

難関大学や、医歯薬系に結果を出す私立中高一貫校では、早いところでは、
中学3年の時点で、高校1年の内容を完全に終わらせ、
大学受験問題レベルの問題を解いています。

公立中学校の問題と比べると、はっきり言って、大人と子供ほどの差があります

しかし現在、公立中高一貫校でも、私立ほどではないですが、
高校知識の導入は進んでいます。
英語と数学にそれは顕著にみられます。
なぜなら、日本の高校普通科の勉強は、スピードが速く、量も多いです。中学校のときとのギャップについていけない生徒が続出します。

特に英語、数学でそれは顕著で、
普通の能力(中学のテストで6割~7割程度の点数)の生徒だと、よほど真面目に学習に取り組まないと、国公立レベルの偏差値はとれません(50~60程度)。

そこで、高校受験がなく、
時間に余裕がある中高一貫校は、
中学の段階で、英語文法や単語、高校数学で習う知識を導入して、
そのギャップを埋めようとします。

教科書から高校レベルの知識を無理なく導入できるものもあります。
そのスピードは、凄まじいものと言えます。

メリットその② 友人関係

中学受験を通過しているので、優秀な学生が多く、学力レベルが
近い生徒どうしとなり、クラスの雰囲気も良いです。

一年生の当初は、環境に馴染めず、苦労と葛藤をしますが、二年生からは、お互いが協調する術を身につけるのか、
共同生活することにも慣れてきて、かけがえのない時間を過ごすことができます^_^

中高一貫校のデメリット

デメリット①

勉強に、1度ついていけなくなると、6年という超貴重な時間を無駄に過ごしてしまいます。

中学受験で運よく通過してしまった学力がない人、
もしくは、小学校の時、中学受験勉強を相当に頑張り、そのおかげで合格したが、
本当は学力(地力)がない人は、
中学の勉強になり、その質と量についていけず勉強嫌いになる確率が非常に高いです。

それは、教科により異なる場合もあるが、たとえば、数学が苦手な人は、
とことん数学が嫌いになってしまい。
点数が悪くても気にしなくなる。

これがめちゃくちゃ危険です。


その原因の一つは、普通の公立中学校と、
中高一貫校の授業にはレベル差がかなりあることです。

テストのレベルも当然違い、
苦手な教科を頑張って勉強しても、テストに難問が多いため、苦手な教科は、
なかなか成績が上がらないどころか、成果が全然ででないことが出てしまいます。

これは、勉強嫌いになってあたりまえですよね。。

こうなってしまうと、
勉強が嫌いになってしまう原因になり、
2度とやらなくなる可能性があります。

これらは、12歳程度の子供の学力を、
正確に見抜くことの難しさ、
中学受験が抱える根本的な問題です。

こういう子は、高校受験は、ある程度、能力に合った進路を選択するいい機会なので、
無理に中学受験にこだわる必要はありません。

あなたのお子様が今、
本当に中学受験に向いているかどうかも、
しっかりと見つめ直してあげるのも大切です。

もし、ご家族でも解決できないときは、
我々プロにご相談ください
受験は、かなり繊細な部分でもありますので、
じっくり、ゆっくり考えてくださいね♪

NEWS!!

家庭教師Edenでは、
↓5日間で中学受験の勉強方法を無料で全て教えています↓

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください