【高校生】世界史が嫌いから好きになる歴史マンガを紹介します

こんにちは。

高校生の方で、世界史が苦手だという方はいませんか?

世界史は漢字やカタカナがややこしく、暗記することも多いので、確かにいやになる気持ちもわかります。

しかし、文系の方なら大学受験で世界史を使う方も多いでしょう。
また歴史は繰り返すというように、歴史を学ぶことは自分の人生に役立ちます。
「教養は歴史」ともよく言われます。

なので、世界史を好きになることは、プラスでしかないのです。

そこで、世界史を好きになるには、どうすればいいのでしょうか?

それには漫画をおすすめします。
漫画ならわかりやすく、一度読めば、難解に感じていた世界史も楽しく感じるでしょう。

そこで今回はプロ家庭教師のEdenが、世界史が嫌いから好きになる歴史マンガを順番に紹介します。

 

①キングダム

まずは原泰久先生の『キングダム』(集英社)です。
知っている方も多いでしょう。

秦の始皇帝が中国を統一するまでのお話です。
主人公は親を戦争で亡くし、下僕として育ちました。
そんな、何も持たない主人公が、自分の力を信じて成長していく姿が魅力的な作品です。

また、将軍の実力や裁量により勝敗が左右されるということ、人の信頼とは何か。
「リーダーのあるべき姿」という、時代を問わない人生のテーマも描かれています。

登場する偉人は
始皇帝、昌文君、呂不韋、穆公、昭王などです。

時代としては、紀元前3Cから紀元前1Cあたりです。中国の戦国時代ですね。

 

②ヒストリエ

[岩明均]のヒストリエ(1) (アフタヌーンコミックス)

 

次は、『ヒストリエ』(講談社)です。

マケドニアの英雄で、東方遠征をして大帝国を築いたアレキサンダー王の時代、
王の書記官を務めた絵エウメネスが主人公です。
作者はベストセラー漫画「寄生獣」で有名な岩明均先生。
それだけに、主人公の話術と巧みな物語の展開にはまったという声が多くあります。

登場する偉人は、
エウメネス、アレキサンダー大王、アリストテレス、フィリッポス2世、弁護士デモステネス
などです。

時代は、
紀元前400年頃です。古代オリエントのお話ですね。

 

③ベルサイユのばら

「ベルサイユのばら 1巻 完全版」の画像検索結果

 

3つ目は、池田理代子先生の、『ベルサイユのばら』(集英社)です。

フランス革命を舞台にした不朽の名作です。
名君マリア・テレジアが末娘マリー・アントワネットを嫁がせるところから物語が始まります。

ブルボン王朝の栄枯盛衰を知る上でも必読書となっております。

主人公の男装の麗人オスカルと幼馴染のアンドレは架空の人物ですが、その周りには多くの実在した人物が登場します。

登場偉人は
マリー・アントワネット、ルイ15世、ルイ16世、ポリニャック夫人、ラファイエット、ロベスピエール
などです。

時代は、18世紀のフランスです。

 

④テルマエ・ロマエ

 

4つ目は、ヤマザキマリ先生の『テルマエ・ロマエ』(エンターブレイン刊)です。

五賢帝のハドリアヌス帝時代のローマが舞台です。
ハドリアヌス帝は、ウェヌスとローマ神殿の建築やパンテオン宮殿の債権をした人物です。

浴場の設計技師ルシウス・モデストゥスが現代日本にタイムトラベルするストーリーです。
風呂に着目してローマを見るという斬新な切り口が人気を呼び、阿部寛さん主演で実写映画化もされています。

登場偉人は
ハドリアヌス帝、アポロドロス(建築家)、カエサル、アントニヌスなどです。

時代はローマの2世紀です。

 

⑤チェーザレ

[惣領冬実]のチェーザレ 破壊の創造者(1) (モーニングコミックス)

 

惣領冬美先生の『チェーザレ』(講談社刊)です。

イタリア・ルネサンス期の名門貴族、チェーザレ・ボルジアを中心に権力者たちの攻防が描かれています。

チェーザレは、マキャヴェリの『君主論』にも登場する政治の天才といわれた勇猛果敢な軍人です。
チェーザレはマキャヴェリが推すくらいの人物ですから、作中にも描かれる、人心掌握術や帝王学がとても参考になります。
また、教皇や枢機卿とメディチ家の関係や、当時のヨーロッパの政治情勢なども勉強になる作品です。

登場する偉人は
チェーザレ、ボルジア、ロレンツォ・デ・メディチ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、マキャヴェリ
などです。

時代はイタリアの15世紀です。

 

 

いくつか世界史の学習に役立つ漫画を紹介しました。
夏休みの内にぜひ読んでみてください!

 

NEWS!!

家庭教師EdenのLINE@では、ここでしか見れないお得な情報を発信しています。
是非ご登録ください♫

家庭教師EdenがYouTubeチャンネルを開設しました!
動画の数もどんどん増えています!
是非ご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください