【中学受験】小学4年生は夏休みに算数を好きになりましょう!

こんにちは。

中学受験をされるお子様は、夏の暑い中、頑張って塾などに行っているのだと思います。

小学4年生は、まだ、受験直前ではないですが、
日々習う新しい単元を習得するのに、日々頑張っていることでしょう。

特に「算数」は、負担が大きいと思います。

そこで今回はプロ家庭教師のEdenが、小学4年生が夏休みに算数でやるべきことを話したいと思います。

 

算数を好きに!

 

まず、どの分野をどうやるかという問題よりも、
お子様に「算数を好きになってもらう」、少なくとも「算数への嫌悪感が無くなる」
くらいになっていただきたいです♪

なぜか?

中学受験の算数というのは、
これから3年間、最も長い時間勉強する教科であり、受験本番、最も差がつく教科なのです。

また、中学受験後も、中学校、高校で「数学」を習うと思いますが、
中学生、高校生も、基本的に英語と数学に最も時間を割いています。

なので、算数が嫌いになってしまうというのは、これからずっと学生時代、勉強を苦しいと感じてしまうことにつながるのです。

では、どのような勉強で、お子様が算数を好きになれるのでしょうか?

 

実感を伴わせる

まずご家庭で実践できることとして、「実感を伴わせる」ということがあります。

小学3、4年生では、例えば、少し難しい分数の四則計算があります。
それを、ケーキやピザを切ってみて目に見える形で、目に見える形で表してみる。
ということが挙げられます。

4年生では、図形の問題にも入りますので、
実際に型紙を切って立体図形を作ってみる。
など、実感を伴った指導をしてあげると、お子様が算数に親しみを覚えやすくなります。

算数だけでなくとも、理科や社会にもこれは役立ちます。
自然の成り立ち、社会の仕組み。
このようなことを日々お子様に教えてあげたり、興味を持つような機会を与えてあげるのも、まだ受験期ではない小学4年生だからこそ大事です。

夏休み、勉強だけでなく、お子様を普段いけないところに連れて行ってあげるのも、良いと思います!

 

計算力アップ

小学4年生が、算数を好きになるため、嫌いにならないためには、
意外にも、計算力をあげることが大事なのです。

これから、5年生、6年生になっていくと、
「私には算数できない! 嫌い!」
とお子様が言うケースがあります。

しかし実際に解法が間違っているというわけではなく、ただの計算ミスで点を落としているというケースがほとんどです。

子供というのは結果しか見ませんから、うっかりの計算ミスで、自分はできないと決めつけてしまうのです。
それは流石に勿体ないです。

なので、そんな事態を防ぐためにも、毎朝、計算ドリルをお子様に取り組ませるのをおすすめします。

 

基礎をしっかり復習

上記の計算と似ていますが、やはり今まで習った分野の基礎を固めることが大事です。

ちなみに、小学4年生で習う重要分野は、まだお子様は習っていないものもあるかもしれませんが、以下の通りです。

 

「計算」  … 分数の四則小数の四則
「数」   … 約数倍数公約数公倍数最大公約数最小公倍数
「特殊算」 … 和差算/消去算/つるかめ算/過不足算/植木算

(青字は特に大事なところ)

この中でも最初は特に優しい問題から解かせてあげてください。

なぜか?

子供はやはり、
楽しい→解けるようになる
よりも
解けるようになる→楽しい
の、ケースの方が圧倒的に多いです。

 

得意に感じるためには、正解数を増やすことが大切ですが、その際に気をつけることは正答率です。

10問挑戦して8問以上正解になれば、得意に感じる可能性があります。

できなかった1、2問も、「あっ、そうすれば良いのか!」と納得できることも大切です。

 

「できる子はもっと難しいことをやっている……」
と、不安に思われる方もいるかもしれませんが、大丈夫。
この時期、勉強を楽しく感じ、基礎をしっかりと復習した方が、最後の最後で伸びます。断言します。

 

適度に遊び、適度に学び、夏を過ごしていきましょう!

 

 

NEWS!!

家庭教師EdenのLINE@では、ここでしか見れないお得な情報を発信しています。
是非ご登録ください♫

 

 

また、我々家庭教師のEdenが、中学受験で使う特殊算を全て紹介しています。
お子様が算数で困ったときは、ぜひご活用ください。
こちらからどうぞ♪

↓数例あげておきますね♫↓

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください