【中学受験】算数で「解くのが遅い」「時間が足りない」事態を防ぐには?

こんにちは。

中学受験をされている方は、この夏、必死で勉強している事だとおもいます。

中学受験の中でも最も勝負を分ける教科は「算数」ですよね。

しかし、算数の、模試やテストのあまりの問題数の多さに、
「時間内に全て解ききることができない」「時間が足りない」との声もよく聞きます。

そこで今回は、プロ家庭教師のEdenが算数を解くスピードが遅い原因、また、スピードを上げる方法を話していこう思います。

 

単純に計算スピードが遅い場合

 

まず第1に考えられるのは、ただ単に計算スピードが遅いという原因。

これはもう、毎日のコツコツとした練習あるのみです。
今は夏休みで、朝学校へ急ぐ時間はないと思います。
なので、朝、計算ドリルを10~15分間解かせてあげましょう。
簡単な一行程度の文章問題も取り入れていいと思います。

また、時間を計って問題を解くといいのですが、制限時間(カウントダウン)ではなく、解き始めてから解き終わるまでの時間(カウントアップ)で時間を測るようにしましょう。
全問正解をしつつベストスコアを目指す、そういったゲーム感覚を取り入れてみましょう。

中学受験をされる方必見!おすすめ計算問題集5選!【家庭教師のEden】

 

計算練習をまだ取り入れてないご家庭は、計算練習を習慣化するべきです!

 

また、計算練習を習慣化しているというご家庭も、
もしかしたらお子様が「計算しすぎて」解くスピードが遅くなっているケースがあります。
算数には、意外と「暗記」を使う場合があるのです。
よくでてくる「計算の結果」は、暗記をした方が、本番、早く問題を解くことができます。
詳細は下の記事から♪
【中学受験】算数で暗記するべきこと、暗記してはいけないこと

 

性格が神経質の場合

 

算数が解くのが遅い場合、その子は、神経質な性格をしている場合があります。
神経質な生徒は、完璧主義で、全ての問題をきっちり解きたいと思っています。
しかし、きっちり解こうと思いすぎて、結局スピードが遅く、全ての問題を解けないまま、時間が終わってしまうのです。

テストの時だけでなく、受験本番までの時間においても、神経質で完ぺき主義の人は不利です。
あと○カ月、何を勉強していくか。
そこの取捨選択が、完璧主義の方ですと、「あれもこれもやらなきゃ」と、できないのです。

そのような方は、何をやるべきでしょうか? 

それはずばり、分が不得意にしている科目、単元、分野です。
しかも、時間の割に得点や偏差値が上がりそうなところがよいでしょう。

さらに、その中でも志望校に頻出なものがベストです。そうした「おいしいところ」から先にやり始めるというのが、効率のよい勉強方法なのです。

このような「絞った」勉強は、最初、神経質な子は嫌がり、一つ一つの分野を集中して時間をかけたがります。

しかしそれでは、入試までの時間がありません。。

ある程度、同時並行で学習を進めていれば、「なにを」「いつまでに」「どのくらい」やるべきかがわかります。そして、もし全部が終わらないと判断すれば、計画を再度練り直すことが可能になるのです。

 

集中力がない場合

 

計算力があっても、神経質な性格ではなくても、
集中力がなくて、解くのが遅い場合があります。

そのタイプの子は、勉強をしているはしているが、そもそも勉強、算数が嫌い、というケースがあります。
頭の中では「必要だ。やらなきゃ」と理解はしているものの、気持ちの上では「おしつけられている」という感じが残ってしまっているのです。
この「感じ」があると、最初は順調に勉強していても、少し疲れてきた時に「決めたところまではやろう」といった踏ん張りが利かなくなってしまいます。

そういう子には、勉強を楽しく感じてもらうことが一番です。

勉強を楽しく感じるには、小さな成功体験を積み上げることが大事です。
色々な模試、週間テストで、少しでもいい結果を出したら、褒めてあげましょう。
また、結果だけでなく、お子様がいつもより、熱心に勉強していた時もそうです。
そうすると、頑張りが、小さな成功体験としてお子様の心に残ります。

 

解くスピードを上げて、中学受験の算数を攻略しましょう!

 

NEWS!!

家庭教師EdenのLINE@では、ここでしか見れないお得な情報を発信しています。
是非ご登録ください♫

 

 

また、我々家庭教師のEdenが、中学受験で使う特殊算を全て紹介しています。
お子様が算数で困ったときは、ぜひご活用ください。
こちらからどうぞ♪

↓数例あげておきますね♫↓

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください