【中学受験】算数で暗記するべきこと、暗記してはいけないこと

こんにちは。

8月に入り、中学受験をされる生徒は勉強を頑張っていることだと思います。

中学受験では、算数が最も勝負を分ける教科であり、
一番算数に勉強時間が割かれると思います。

そこで、算数を暗記するという勉強法もあると思います。

算数は暗記するべき
算数に暗記は必要ない

ここは意見が分かれるところですね。

そこで今回はプロ家庭教師のEdenが、算数の「暗記」について話していきたいと思います。

 

「公式」は理解するべき、「計算」は暗記するべき。

 

中学受験の算数には、暗記ではなく、理解した方がいいものと、暗記したほうがいいものとがあります。

 

公式は理解するべき

暗記をおすすめしないのは、特殊算、また、割合や速さなどの「公式」です。

沢山時間をかけて解いていくと、結局、公式も暗記することになるのですが、
「理解」をしてから「暗記」に移るべきです。

全ての公式には理由があります。
その理由をしっかりと、例題の解説を見て理解しましょう。

暗記でも、基本問題なら解けたりするのですが、
小学5年生、6年生になると、様々な分野が組み合わさった「応用問題」が出てきます。
その時に、「理解」に基づいた「暗記」をしてないと、躓いてしまうことは明らかです。

よく算数が苦手で、暗記物が得意な子は、公式を理解せずに暗記だけで済ませてしまうことがあります。
そういう子には、基本問題を「解説させる」と、公式の「理解」につながります。
ぜひ試してみてください♫

計算は暗記するべき

一方、計算は暗記するべきです。

計算というのは、「円周率」であったり、「十の位の掛け算」であったりです。

これらのことは、本番、暗記せずに、黙々と計算していると、ただの時間の無駄です。

1+1=2
のように、当たり前の事として暗記しましょう。

 

暗記するべき計算結果

 

暗記するべき計算結果を挙げておきますね♫

 

円周率

3.14×2=6.28

3.14×3=9.42

3.14×4=12.56

3.14×5=15.7

3.14×6=18.84

3.14×7=21.98

3.14×8=25.12

3.14×9=28.26

3.14×10=31.4


平方数

11 × 11 = 121

12 × 12 = 144

13 × 13 = 169

14 × 14 = 196

15 × 15 = 225

16 × 16 = 256

17 × 17 = 289

18 × 18 = 324

19 × 19 = 361

20 × 20 = 400

 

12の倍数

12×1=12

12×2=24

12×3=36

12×4=48

12×5=60

12×6=72

12×7=84

12×8=96

12×9=108

 

分数と少数

 

 

 

NEWS!!

家庭教師EdenのLINE@では、ここでしか見れないお得な情報を発信しています。
是非ご登録ください♫

 

 

また、我々家庭教師のEdenが、中学受験で使う特殊算を全て紹介しています。
お子様が算数で困ったときは、ぜひご活用ください。
こちらからどうぞ♪

↓数例あげておきますね♫↓

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください