【受験】間違いノートには「自分がどう考えて間違えたのか」も書きましょう。

こんにちは。

梅雨も明け、
夏休みに入った受験生は中学受験に向けてがんばっていることだと思います。

そしてもちろん受験生は、この夏休み、たくさん問題を解くと思います。

そして、間違えた問題を、後でもう一度解くために書くという、
「間違いノート」をつくる方がいると思います。
中学受験の攻略には間違いノート!【理科や社会、漢字におすすめ】

しかし、間違えた問題をノートに書くだけでは、復習が不十分です。

そこで今回はプロ家庭教師のEdenが、一歩進んだ間違いノートの使い方を話そうと思います。

「間違いノート」には「自分がどう考えて間違えたのか」も書こう!

pexels-photo-204511

「間違いノート」には「自分がどう考えて間違えたのか」
も書きましょう。

どういうことか?

受験生は、間違えた時に、
「問題文を最後まで見ていなかった」
「あの公式を間違えて覚えていた」
「こう思って、これが正解だと判断したが、間違った」

など、「ただの知識不足」以外にも、多くの間違えた理由があります。

その「間違えた理由」を復習する際、
自分が解いていた時の記憶を蘇らせて、ノートに書いておく、ということです。

それをしているとどうなるのか?

何回もおなじ考え方で間違えることに気付き、
「問題を間違えるパターン」が自分にあることを発見します。
自分の間違った思考パターンってやつですね。

そしたら今度は、問題を解く際、その、悪い自分の癖に気を付けることができます。

そうすると驚くほどミスが減ります。

特に国語や英語の文章題では、いかに自分が感覚的に文章を読んでいるかに気付けます。
そして、論理的な思考能力が鍛えられます。

算数でも、自分がどういう場合に計算ミスをするのかが、よくわかるようになります。

社会や理科でも、こういう選択肢は間違ったことを言っている。
という出題者のクセを見抜けるようになります。

成績を上げるには、志望校の傾向だけでなく、
自分の傾向を知ることも大事ですね。

受験だけではなく、仕事や恋愛においても、
自分の失敗を分かっておくというのは大事なことです!

普通の間違いノートの使い方も過去に紹介しているので、実践してみてください!
中学受験の攻略には間違いノート!【理科や社会、漢字におすすめ】

NEWS!!
家庭教師EdenがYouTubeチャンネルを開設しました!
動画の数もどんどん増えています!
是非ご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください