【英語】1分でできる、紙辞書を使った、英単語のおすすめ暗記法!

こんにちは。

大学受験をする人で、英語を勉強しない日は、ほとんどないと思います。

そして、英単語を暗記しない日も少ないと思います。

英単語は、単語帳から覚える方法もありますが、
英語の長文で分からない単語が出てきて、それを辞書を引いて覚える、というケースも多々ありますよね。

辞書で引いた単語は、英単語帳より見る機会が少ないと思うので、中々覚えにくいかもしれません。

しかし、単語量は英語力に直結するので、辞書で引いた単語も覚えておきたい、いや、覚えなければいけないというのが受験生の本音であり、現実です。

そこで今回は、プロ家庭教師のEdenが、辞書(紙辞書)を使った英単語の暗記方法を話したいと思います。

 

辞書の効果的な使い方

photo-1451226428352-cf66bf8a0317

 

英和辞書の効果的な使い方はずばり、
「調べた英単語に線を引く。この時に4種類の線を使い分ける」ことです。
これでトータル1分。そして記憶に定着します。

 

順番に説明しましょう。

まず、長文の服種の時など、分からない単語が出てきた時、必ず辞書を引いて調べます。
そしてその英単語の意味の全項目に、まず「赤の下線」を引いて、1回音読します。
そして辞書の隙間に日付を記入します。
これを20秒で済ませましょう。

 

もし、自分が調べた英単語に既に、「赤の下線」が引いてある場合、前に一度引いた証ですよね。
今度は赤の下線に重ねるように、「波線」を引きながら全項目を音読し、空欄に二つ目の日付を書きます。

 

そして調べた時に、「波線」を見つけたら、もう「2回調べた」証です。
「まじか! まだ覚えてなかったのか!」と悔しい思いを持ちながら、今度はまるで全項目を囲みながら音読します。
3つ目の日付も書きます。
この時、「覚えてなくて悔しい」と思える人は、暗記も速いと思います♪

さすがに3回も辞書を引くと、英単語を見かけた時点で、「これ、前に見たことある!」と思います。
そして辞書を見ると案の定、「すでに3回も線を引いている」ということが判明します。
ここで思います。「俺バカなのか?!」と。

そして、「何度も何度も出てきていて、しかも何回も線を引いているのに覚えていない英単語、ってことは……最優先に暗記しないといけない単語だ!」と脳が認識します。

そして今度は、音読をしながら蛍光マーカーを引きます。この時には「この単語に線を引くのは最後!」と思って線を引きましょう。

 

結局、トータル1分ちょっとの時間で、「何度も出てくる需要単語」、「自分が覚えにくい英単語」という認識を持つことができます。

 

家庭で実践可能な、プラスαのテクニック

kitchen-2165756_1280

 

上で述べたように、辞書をたくさん引いていくと記憶に残りやすくなりますが、
次の方法も兼ね合わせるとなおよいでしょう。

 

まず、辞書で丸まで付けた英単語に関しては、A4の紙などにデカデカと、
「英単語、品詞、意味、それぞれの用例」を書きます。

そしてそれをトイレや台所、机の前に貼ります。
で、目に入ったら必ず音読します。

トイレに貼れば、毎日必ず入る場所なので、いやでも復習できますね。
玄関のドアに貼れば、登校前に一回は復習することになります。

 

ここで大事なのが、紙を貼ることは決して勉強ではなく、作業であると認識すること。
つまり、貼っただけで満足してはいけないということです。

あくまで語彙力アップにつながるのは「目に入ったら音読する」ことなのです。

 

そして貼ってから3日経ったら、勉強場所に張り紙を移動させ、壁に貼りましょう。
1年もすれば、部屋中が英単語だらけになります。
自分の頑張った証拠が見えるのは自信につながりますし、
そこでも目に入ったら音読すると、英語の語彙力は更にアップします。

 

この、家に紙を貼っていく方法は他の科目の暗記にも応用できると思うので、
是非皆さん試してみてください!

 

 

我々プロ家庭教師のEdenは、このような受験のコツを知り尽くしている教師を揃えております。

現在体験授業を行っておりますので、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください♫

 

NEWS!!
家庭教師EdenがYouTubeチャンネルを開設しました!
動画の数もどんどん増えています!
是非ご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください