【大学受験】「夏期講習」、「特別授業」を上手く受けるコツとは?

こんにちは。

夏休みも近く、受験生は日々勉強を頑張っているころだと思います。

昔から、集団の塾や予備校では、通常の授業の他に、「夏期講習」などの、特別な授業を実施しています。
今年の夏、夏季講習に参加される受験生の方も、多いと思います。

基本的に、受験生自身の意欲と刺激という点で、夏や冬、直前期に行われる「○○講習」は価値があると考えます。

しかし、その特別授業を活かせる人と、活かせない人とで、差がついてしまいます。

今回はプロ家庭教師のEdenが特別授業をうまく活かす人とそうでない人の違いについて話していこうと思います。

 

特別授業を活かせない人

photo-1520206319821-0496cfdeb31e

 

講習会や特別授業を活かせない人には、特徴があります。

彼らはとにかく受け身なのです。

自分が何を学びたいかではなく、
「友達がとっているから」、「評判の高い先生だから」という理由で受講するのです。

さらに、「その講座を受けただけで、すぐに、受けた分に見合った結果が出る」と変な勘違いをしてしまう人までいます。

講習に高いお金を払ったからといって、成績があがるわけではありません。

 

特別授業を活かせる人

hands-2227857_1280

 

もちろん、講習会や特別授業を活かせる人もいます。

彼らは以下のように考え、行動します。

 

講習は短期集中で、初めて受講する人もおり、だから先生は必死……!
したがって、受講するほうも、「一つも逃してはならない」という心構えができている。
なので、講習用のノートを作っておくくらいは当たり前。

復習を先送りにしない。
先送りしてしまうと、「分かった感」や「刺激」が薄まる。
だから、なるべく当日中に見直しをする。

夏期講習などの短期集中講座は、一定期間かけてとりくむべき学習内容の「ダイジェスト」だったり、「重要ポイント集」だったりすることに気付く。
そして、講習などの特別授業と、日々の学習とでシンクロする部分は、必然的に、「最重要事項」であることを実感する。
入試の直前期だけでなく、小テストや定期試験、模試の前に、最低限押さえておくべき事柄ははっきりと認識できる。

 

いかがでしょうか。
少々、断定的な言い方になってしまいましたが、
このような方法をすれば、成績をあげることができると思います。

簡単に言うと、「自分を変えよう」と思っている生徒は、特別授業でいいものを掴みます。

 

しかし……!!

ここまで夏期講習や特別授業の説明をしてきましたが、
このような授業を受けない方がいいという生徒はいます。
それは、まだ基礎が固まっていない生徒です。具体的に言うと偏差値45以下あたりの生徒です。

なぜか?
授業のスピードが速かったり、下の方のコースだと、先生の質があまりにも低かったりと、高いお金を払って、頑張っても、良い物を得られないケースが多々あります。

そこで力になれるのが、家庭教師、個別指導です。

一対一なら、それぞれの生徒のペースにあった、夏季講習を行うことができます。

集団塾×家庭教師という最強の布陣であれば、意志力が弱い受験生でも自分を変えることができます。

 

 

 

我々プロ家庭教師のEdenは、このような受験のコツを知り尽くしている教師を揃えております。

現在体験授業を行っておりますので、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください♫

 

NEWS!!
家庭教師EdenがYouTubeチャンネルを開設しました!
動画の数もどんどん増えています!
是非ご覧ください!

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください