【古文】最短距離で大学受験を成功させる、古文単語帳おすすめ5選!

こんにちは。

久しぶりに、大学受験の記事を書いていこうと思います。

科目は国語の古文です。

古文に苦手意識のある人は多いと思います。
しかし、英語と同じで、単語を覚えてしまえば、文章の中に書かれていることは大体分かります。

そう、古典を得意にするには単語をしっかり勉強しましょう。

そこで今回は家庭教師のEdenが、おすすめの古文単語帳を紹介したいと思います。

マドンナ古文単語230

この単語帳は、一応、古文を必要とするが、それほど極める必要のない人向けです。

つまり、基礎的な古文単語しか載っていません。

そう言ってしまうと、あまりいい印象を与えませんが、厳選された230語の単語が載っているので、内容は良いです!

それに、一つ一つの単語の意味もしっかり載っています。しかもわかりやすい!

古文が苦手な人は、この単語帳からはじめるといいでしょう!

読んで見て覚える重要古文単語315

この単語帳は、その名の通り、「見て覚える」ことに特化した単語帳です。(個人的にいちばんおすすめです)

ビジュアルが豊富に載せられています。

基礎レベルから早慶レベルの単語、まんべんなく揃っております。

また、後ろに古典常識、慣用句、古典文法も載っているので、
勉強のやる気が失われた時にそこを見てもいいと思います!

ただ、単語の解説が簡素なので、語源や背景から覚えるのが苦手な人には向いていないかもしれません。

古文単語ゴロゴ

おそらく、一番有名な古文単語帳であると思います。(でも、この中ではおすすめ度最下位)

その名の通り、「ゴロ」で覚えます。

565あり、これをすべて覚えれば、かなり力になると思います。

しかし、一つの単語に一つの意味しか載っていないので、一つの単語に2、3個暗記が必要なセンター試験などには、あまり学力アップに向きません。

とにかく古文が苦手で、ゴロで全部乗り切ってしまいたい、と言う人におすすめです。

さらに、ゴロに下ネタが入っているので、下ネタが好きな人にはおすすめで(笑)、嫌いな人にはおすすめしません

古文単語FORMULA600

この単語帳は600語もあるので、覚えきったらかなり力になります。

さらに、レイアウトがシンプルなので、暗記することに集中したい人には向いていると思います。

ただやはり、一つ一つの単語の解説が少ないのがデメリットです。

二刀流古文単語634

この単語帳は634語と、単語数で見るとかなり多いと思います。

この単語帳は、「二刀流」とあるように、普通の単語帳のように1つ1つ単語を覚えるものと、文章を読みながら覚えるタイプの2種類があります。

つまり、単語を覚えながら、速読も覚えることもできるという一石二鳥となっております。

英語でいう、「速読英単語」みたいなものですね。

この単語帳は、今でもある程度、古文の能力がある人が、さらにステップアップするのにおすすめします。

今回は古典の単語帳を紹介しました。

家庭教師のEdenは、教材選びから、受験生をサポートしていきます。

現在無料で体験授業を行っておりますので、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください♫

※無料の初回体験レッスンは、人数に限りがあります。現在応募者殺到の為、お早めにご予約下さい♪

NEWS!!
家庭教師EdenがYouTubeチャンネルを開設しました!
動画の数もどんどん増えています!
是非ご覧ください!

また、帰国子女コースの教育を提供しており、ロンドンに拠点を持っているIMR Educationが、
6月14日に以下の内容で講演会を行います。席に限りがありますので、お早めにご応募ください。

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください