勉強の計画は「完璧」にこだわってはいけません。緩やかにたてましょう。

こんにちは。

勉強をするときに、一日ごとであったり、一週間であったりと、「勉強計画」を立てる方は多いと思います。

計画を立てること自体は立派ですし、大切であると思います。
一日の始め、勉強する前に予定を立てよう!【家庭教師のEden】

しかし、その「勉強計画」、どれくらい綿密にたてていけばよいのでしょうか?
分刻みでガッチガチに決める人、割と緩やかな計画にする人、さまざまであると思います。

そこで今回は、家庭教師のEdenが「勉強計画」の立て方について話していこうと思います。

勉強計画は「完璧」にこだわってはいけません

bulls-eye-1044725_1280

 

結果から言うと、過度に綿密なスケジュールを100%こなすという「完璧主義」は、お子様を苦しめるだけになってしまいます。

なぜか?

最初からあまりにも「綿密」なスケジュールを立てると、時間に追いまくられたり、計画倒れになるケースが多いです。
計画を守れないことで親子げんかになったり、自信を無くしてしまうのも本末転倒ですし、また、新たな計画表をつくるために時間を使いすぎるのももったいない話だからです。

 

計画倒れを含め何か失敗したときは、そもそもの目的=何のため、を考える癖をつけるのをおすすめします。
計画を守ることが最終目的なのでしょうか?
それよりも生活習慣や学力をつけることが本質なのでしょうか?
「何とかしなきゃ」のみがあり、「どうしたらいいか」、「何をやったらいいか」が抜け落ちている状態が「焦り」です。

焦った状態の判断が正しい時って、ありませんよね。

困ったときは「そもそも論」に戻ることが重要です。

 

おすすめの計画の立て方

photo-1454165804606-c3d57bc86b40

 

ここで、おすすめの計画の立て方を話していこうと思います。

勉強の習慣をつけていくためにも、緩やかな計画を立て、そこから少しずつ修正していくといった感じです。

①無理しない計画をたてる。

②最初の3日間は勉強を頑張ってみる。

③うまくいけばそのまま継続する。

④うまくいかなかった場合、どこに問題があったのか調べて、計画を変更する。

⑤そして、もう3日間は頑張ってみる。

①~⑤の繰り返しというのはどうでしょうか?

 

最初は完璧でなくて大丈夫です。

とりあえずやってみよう、チャレンジしようという姿勢が、大きな成果を出すコツです!
努力はパーフェクトを目指す事ではなく、進歩するために行うのです!

 

今回は勉強計画について話しましたが、そのほかにもさまざまな「勉強のコツ」はあります。
それらを知り尽くした家庭教師Edenに、お子様の指導を是非お任せください!
現在無料で体験授業を行っておりますので、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください♫

 

NEWS!!
家庭教師EdenがYouTubeチャンネルを開設しました!
動画の数もどんどん増えています!
是非ご覧ください!

また、帰国子女コースの教育を提供しており、ロンドンに拠点を持っているIMR Educationが、
6月14日に以下の内容で講演会を行います。席に限りがありますので、お早めにご応募ください。

 

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください