【中学受験】子供が算数を得意になるには、「自信」を身に着けさせましょう!

こんにちは。

「算数」は中学受験の中でも最も時間のかかる教科であると思います。
そして一番成績が上がらないと悩むのも、「算数」であると思います。

皆さんは、「算数」に対してどのような印象がありますか?

「ただがむしゃらに勉強し、カンペキを目指していけば算数の成績が上がる」
そう思ってはいませんか?

残念ですが、それではお子様の算数の成績は一向に上がりません……
その指針で頑張っても、正直、努力がもったいないです……

そこで今回は今回は家庭教師Edenが、
お子様が算数を得意になるために、親や指導者がとるべき態度について話していこうと思います。

保護者の方々や生徒達の努力を無駄にしないためにも、ぜひご覧ください!

算数が得意な子は、自信があって楽観的です!

photo-1508280756091-9bdd7ef1f463

算数が得意な子は、この問題なら自分なら解ける!と思える子です。
自信があって楽観的です。

では、不得意な子はどんな子でしょう?

どうせできないだろうと、最初から気力負けしている子です。

得意な子は自分ならできると楽観的。不得意な子はどうせできないと悲観的です。
これなら始めから勝負が決まっている様なものです。

つまり、算数が得意な子にするには、自信を持たせればいいのです。

また、算数が不得意な子は、完璧に間違いなく解こうとします。完璧な答えの出し方のイメージがあるので、途中でつまづくと手が止まってしまうのです。

一方、算数が得意な子は、強引に解こうとします。望ましい解き方ではないかもしれませんが、自分の持っている知識を総動員して解こうとします。解ければ成功体験になります。

そして、成功体験を積み重ねることでが自信になっていくのです。

算数が不得意な子はどう教えたらいい?

photo-1434030216411-0b793f4b4173

算数が不得意な子には、ひとつひとつ声をかけてあげます。
小さなことにつまづいて先に進めないことが多いので、ヒントを与えた瞬間にスラスラと解けることがよくあります。
つまづいた理由に気付かせて、うまく解く体験をさせましょう。

そのような、「小さな成功体験」を積み上げていくと、自信がつきます。

自信がついたらこっちのもんです。

……なので、否定したり批判するのはおすすめしません。。

算数が不得意な子には緻密な計算力を持った子が多くいます。基本的なスキルはあるので、苦手意識さえとっぱらってしまえば伸びます。

今回はざっくり算数について話しましたが、
中学受験で成功するには正直、もっともっと多くの知識やコツを必要とします。

今のお子様の成績が伸び悩んでいるのは、おそらくお子様の努力不足ではなく、
指導側がそういうコツを知らないからでしょう。
優秀ではない指導者の下で受験勉強をさせるのは、正直お金の無駄で、何より子供たちが可哀想です……

しかし
家庭教師Edenでは、受験の攻略法を知りつくしたプロが中学受験の指導をしております。
現在、体験授業も行っております。
体験授業のお申込みやその他ご質問など、こちらのフォームからお気軽にご相談ください。

NEWS!!
家庭教師EdenがYouTubeチャンネルを開設しました!
動画の数もどんどん増えています!
是非ご覧ください!

また、帰国子女コースの教育を提供しており、ロンドンに拠点を持っているIMR Educationが、
6月14日に以下の内容で講演会を行います。席に限りがありますので、お早めにご応募ください。

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください