「1コマ」、「1日」、「1週間」を上手く使うと、受験勉強のやる気が継続します

こんにちは。

4月ごろには受験勉強のやる気で満ち溢れていたが、5月になり、やる気をなくしてしまうという受験生の方もいると思います。

意外と、受験勉強のやる気を継続するというのは簡単なことです。
勉強が楽しくなればいいのです。

しかし、「嫌」から「楽しい」に変わるまでの間に、「やらされている感」や「受かるか不安」など、
精神的な不安を抱える生徒がいます。勉強が楽しくなるためには、コイツが邪魔です。

そして、精神的な不安をなくすには、受験生活に規則性を加えるのが一番だと思います。

「生活のリズムが決まる」と生活が安定するため、精神的な揺らぎが少なくなるのです、

そこで今回は家庭教師のEdenが
勉強が楽しくなり、やる気が継続する、「生活リズム」、「時間の使い方」を話したいと思います。

勉強は1コマ90分の法則を!

number-437927_1280

 

受験勉強は、「1コマ90分以内」に設定しましょう。

人間が集中できる時間は「90分が限度」だと言われています。
また、大学受験の試験時間も「90分」のものが多いです。
そこで、受験勉強も「1コマ90分以内」に設定するのをおすすめします。
そして、休憩時間を30分にするのをおすすめします。

つまり、「90分集中→30分休憩→90分勉強」
というリズムを覚えていると有利です。「90分」の感覚に慣れておきましょう。

そこで、よく来る質問は、「90分勉強できなかったら30分休んでいいですか?」というもの。

休んで大丈夫です。

なぜか?
勉強をすること自体に価値があるからです。
たとえ勉強時間が15分となっても、それは「価値のある15分」であるからです。

ここで、無理やり90分勉強させてしまうと、「やらされている感」が増し、勉強が嫌いになってしまいます。

しかし、ちょっとでも勉強したら30分休んでいい」という安心感を得られると、精神的な安心感を得ることができ、受験勉強への嫌悪感がなくなっていきます。
そして徐々に、15分から40分、50分と、勉強時間が増えていきます♪

ちょっとしたコツ♫

ここでちょっとしたコツがあります。
それは、「中途半端な勉強のまま、休憩に入る」というテクニックです。

勉強の気分がノッている時は、きりのいい所まで勉強を終わらせない方が得策です。

休憩後に「続きの勉強」をやるのもいけません。

ではいつやるか?

翌日です。
「途中でやめるとすっきりしない」と言う気持ちもわかりますが、むしろその気持ちを残しておいた方が、翌日の勉強に入りやすくなるのです。

ぜひ実践してみてください♫

時間帯に応じてする勉強を決めよう!

tEREUy1vSfuSu8LzTop3_IMG_2538

 

時間帯に応じて、する教科を変えるのをおすすめします。

人間は「時間帯」に応じて、向いている作業と向いていない作業があります。

「朝」(9時から12時)は「ロジカルな時間帯」と言われ、分析的な思考をするのに向いています。
つまり、朝はゆったりとした暗記科目よりも、論理的思考を用いた、英語長文、現代文、数学といった「思考系」の勉強をおすすめします。

朝2時間の勉強は「1日の勉強の8割に相当する」とも言われているので
朝のうちに1コマ終わらせておくと、気持ちの上でも安定しますし、1日のリズムが良くなります

反対に、お昼(13時から15時)は「エモーショナルな時間」と言われ、「思考系」の教科より、「暗記系」や、「イメージを膨らませるような勉強(英単語の暗記など)」をおすすめします。

日曜日はオフ!

pexels-photo-1230665

 

賛否あるとは思いますが、日曜日はオフにしてもいいと思っています。
日曜日でなくとも、週に一日勉強オフの日を作ってもいいと思います。

受験生は、休むことに不安な生徒がいます。
そういう生徒は、30分休憩しても、頭では「勉強の事ばかり」考えてしまう事が多いです。

これは体力的にも精神的にもよくありません。

私は、「しっかり土曜日まで頑張ったら、一日思い切り休んでいい」、と生徒に言ったことがあります。
生徒は、「休んだら、受かりますか……?」と聞いてきました。
そこで私は「受かる」と即答しました。

この、「受かる」の一言が生徒の不安な気持ちを落ち着かせ、
安心して勉強に取り組めるようになり、無事、第一志望に合格しました。

「休むこと」にためらいをかんじるようなら、指導者側に「休みの許可」をもらうのも、一つの手です。

これらのコツを実践して、勉強のやる気を継続していきましょう!

 

 

NEWS!!
家庭教師EdenがYouTubeチャンネルを開設しました!
動画の数もどんどん増えています!
是非ご覧ください!

また、帰国子女コースの教育を提供しており、ロンドンに拠点を持っているIMR Educationが、
6月14日に以下の内容で講演会を行います。席に限りがありますので、お早めにご応募ください。

 

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください