【精神力】ネガティブ思考でも大丈夫。受験生に送る、凹んだ時に立ち上がるコツ!

こんにちは。

受験勉強をしていると、模試の結果が悪かったり、勉強を頑張ろうとしたときに限って、人間関係で躓いたり…と、
様々な凹む機会があると思います。

「つらいときこそ、笑顔に」
「苦しいときこそ、笑ってみせる」
先日、ある方からお話を聞きました。
もともと、パワフルで強い人間だったらいいかもしれませんが、そうでない人は無理をすると
後々、一気に気持ちが下がり倒れこむかもしれません。

もし、あなたがこのようなタイプだったら、そんな辛い時には無理をしないほうがいいのではないかと思います。
だって、辛いときは辛いですからね。。
決して諦めることなく、頑張って夢を叶えたとか、私のことをメンタル強くて不屈の精神を持っている人は、本当に沢山おられますが、私が意外に凹みやすいので、人のことは正直いえません(笑)
でも、なんだかんだで立ち上がってここまでこれました。

今回は、その為の私なりのコツをお話したいと思います。

大丈夫。ネガティブ思考を受け入れましょう。

pexels-photo-256658


つらいと思うときは、やはり人からガツンと言われたときではありませんか?

今までやってきたことが否定されたり、自分の気持ちが理解してもらえず、
相手の価値観だけで判断されたり・・・
私の場合で言えば、わかりやすいのは、ご家庭の要望に答えれなかったとき、志望校に導けなかったです。
かなり傷つきましたね。。

そんなときにまず私が感じたのは、
「自分はなんてダメなんだろう」とか「自分にこの仕事は向いていない」
「自分には才能がないのではないか」とうことでした。
とにかく自己否定です。
そんな時は、まずはその気持ちに逆らわずゆっくりと受け入れることから始めました。
「いま、ネガティブに考えてしまうのも、心がそう感じてしまうのも仕方がないし、
コントロールもできない。今はまだ実力不足なのも事実だ」

「でもこれから、同考えを切り替え、どう行動していくかは、全て自分できめることができる」

人間、ネガティブなときもあると思います。
ただ、ネガティブなときに、無理にポジティブにするようにすると、逆に辛くなります。

私の場合は、心がネガティブなのに、無理にポジティブにしようとし、逆に辛くなりました。
態度だけポジティブで、内心ネガティブだと、気力が持たなくなってしまいます。
例えば、よく言われる「全てをポジティブに!」という言葉は、どうもに苦手なんですよね(笑)

だから、自分がいま、マイナスのスイッチが入っているという現実を素直に認めて、
受け入れてあげるんです。 そして、自分の力でゆっくりとプラスのスイッチに回路を変えるようにしました。

この現実の気持ちをしっかり受け止め、無理をせずに徐々にプラスにスイッチを切り替えていく。
そこを乗り越えて先があります。
それが今後につながる「しなやかな自信」にもつながるともいます。

そしてその自信を積み重ねていく事で、少しずつ、へこたれない精神を磨いていく事ができるのです。

現在、凹んでいらっしゃるかたがいられましたら、是非お役に立てて頂ければ幸いです♪

 

NEWS!!
家庭教師EdenがYouTubeチャンネルを開設しました!
動画の数もどんどん増えています!
是非ご覧ください!

また、帰国子女コースの教育を提供しており、ロンドンに拠点を持っているIMR Educationが、
6月14日に以下の内容で講演会を行います。席に限りがありますので、お早めにご応募ください。

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください