「つまらない」が「大好きに!」受験生には歴史漫画をおすすめします!

こんにちは。

社会の中でも、「歴史」は好き嫌いが分かれる教科となっております。

「歴史」が嫌いなお子様は、「何でこんな漢字orカタカナの羅列を覚えるのだろう……」
と、思っています。。

そんなお子様を持つ保護者の方には、お子様に「歴史漫画」を読ませることをおすすめします!

なんで歴史漫画?

受験生になぜ歴史漫画を読ませるといいかというと、一言でいえば、

「お子様が歴史に親しみを持ってもらうため」

です。

漫画は、面白いのはもちろんですが、
見てわかる部分をてがかりに、時代や背景になじませてくれます。
それはその時代の具体的イメージをお子様がもつことに直結します。
イメージを持つことができれば、歴史に親しみを持てます。

歴史漫画を読む分、勉強時間は減ってしまうかもしれませんが、
「歴史」が嫌いになまま勉強を続けるのと、「歴史」を好きになった状態で勉強をするのには、覚える速度が何倍も違います。

歴史漫画と言いますと、多々出版されている教材系歴史漫画があります。
しかし、それらはとっつきにくく、「歴史」が苦手なお子様は、あまり好みません。
もしかしたら本棚に、何巻にもおよぶ時代ごとの歴史漫画が「眠っている」なんてございませんか?

また、国語が得意で社会が苦手という場合には、伝記本を読むことも考えられます。
ただ、伝記本でも、「楽しむ」というよりは、勉強の一環、という感じになりやすいでしょう。

それに対して、ストーリー性が強い漫画の場合、歴史的な事実とは少し離れてしまうのですが、
人物や時代を身近に感じさせてくれます。

そこで、ここでは、三国志、古代を舞台にしたもの、平安時代を舞台にしたもの、
シルクロードを舞台にした歴史漫画を紹介します。

蒼天航路(Beyond the Heavens)  原作・原案李學仁、作画王欣太

{E9E65D78-A634-43BE-B86E-A402AF576C20}
 
 

蒼天航路という作品を紹介したいと思います

まず、時代背景に関しては、中国の三国志の時代。

従来と異なる点に関しては、劉備が主人公。
曹操が悪役という構図ではなく、曹操が主人公として描かれている点です。
戦闘時の描写に関しても臨場感があり、それだけでも漫画として大変楽しめます。
一方で、戦闘以外にも曹操の青年期や政治に関する領域にも踏み込んでおり、従来の三国志漫画とは、一線を画す内容です。
又、董卓や呂布といった悪役に関しても魅力的に描かれており、
当作品ではわき役として描かれている劉備をはじめとする登場人物が夫々の個性が作品を通して大変効果的に機能しています。
私自身、従来の三国志を読んでいたにも関わらず、当作品を通して、初めて認識した登場人物も多数存在します。

『日出処の天子』 山岸涼子

古代を舞台にしたものは、山岸涼子(やまぎし りょうこ)さんの、
『日出処の天子』(ひいづるところのてんし)です。

聖徳太子については、謎が多いのですが、その空白を、魅力的な人物像として埋めきった、魅力的な長編です。
もちろん、歴史的な現実とは違った世界なのですが、
古代が眼前に現れ、蘇我氏、物部氏が具体的なイメージをもって動き出すことで、古代史の学習にも、関心が起こることが期待できます。
1983年度の講談社漫画賞(第7回)少女部門を受賞した作品です。
ただ、情念的な描写が強烈な面もあるので、お子さんが読む場合には、衝撃が強すぎないか、配慮が必要です。

あさきゆめみし  大和和紀

次に、平安時代を舞台にした、大和和紀(やまと わき)さんの、
『あさきゆめみし』です。
この作品は、源氏物語を、
物語としての魅力がしっかり残った形でマンガ化したものです。

キャラクターもそれぞれに際立った個性が表現されており、
先々どこかで絶対学ぶことになる源氏物語への導入として、おすすめできるものです。
ただし、百人一首に大人の恋が多く題材として取り上げられているのと同様に、
源氏物語は、主人公の女性たちとの恋の遍歴が描かれているので、お子さんには、??
なところも多々あるはずなので、さらっと、時代の空気と、文学作品の流れをたどる、
という目的で、あまり深入りせずに読む、という感じでしょうか。

玄奘西域記  諏訪緑

シルクロードを舞台にしたものとして、
諏訪緑(すわ みどり)さんの、『玄奘西域記』(げんじょうさいいきき)があります。

唐の都、長安を旅立って、天竺を目指す僧たち(玄奘とその兄長捷)の道中記です。
自分探し、人生の目的とは、など、玄奘の悩みと成長の過程から学ぶことが多い作品です。
もちろん、それなりの西域史・地理的知識も盛り込まれています。

三作とも、一昔前の作品ではありますが、読み継がれていくであろう名作です。物語の読解力強化にもつながる、また、折にふれて読み返す愛読書にもなりうるものです。

そして、和月 伸宏(わつき のぶひろ)の『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろうにけんしん めいじけんかくろまんたん)も、

大作で、明治初期の空気を感じさせてくれます。

歴史ものマンガは、歴史の「暗記」に苦しむ中学生、高校生に薦めることが多いのですが、
古典学習を重視した内容で、ご紹介いたしました♪

NEWS!!
家庭教師EdenがYouTubeチャンネルを開設しました!
動画の数もどんどん増えています!
是非ご覧ください!

また、帰国子女コースの教育を提供しており、ロンドンに拠点を持っているIMR Educationが、
6月14日に以下の内容で講演会を行います。席に限りがありますので、お早めにご応募ください。

Follow me!

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください