視覚的効果で暗記科目の苦手を克服しよう!

こんにちは。

皆さんは暗記科目をどのように勉強しているのでしょうか?

書いて覚える?解いて覚える?それとも読んで覚える?
色々な方法を組み合わせて覚える人もいると思います。

様々な方法があると思いますが、
「見て覚える」方法で覚えることが出来たら、時間がかかりませんので、一番効率が良いはずです!

そこで今回は、暗記科目を「見て覚える」ために今から使えるちょっとしたコツを説明したいと思います。

蛍光ペンなどで色を付けよう!


大事なところを蛍光ペンなどで色づける方法をおすすめします。

受験生の中には、あまり教科書を汚したくないという方もいますが、
教科書にはメモしたり、色を付けたりすることをおすすめします。

色を付けると、
「覚えるべき重要事項」のみを見ることができます。
つまり、テストで出る箇所のみを頭に入れることができ、テストに出ないところを無駄に見ることはなくなります。
それはつまり、勉強の効率アップにつながります。

赤シートで隠して答え合わせしながら覚えよう!


それから、赤シートを使って勉強すべきです。

それはどのような方法でしょう?

ノートをとるときには、大事なところを赤ペン、またはオレンジペンで書きます。
そして復習するときには、そこの赤ペンで書いた箇所に赤色の下敷きを重ねましょう!
そうすると、赤で書いたところが見えなくなっているはずです。

見えなくなっていると、自分で「ここ、なんて書いてあったかなぁ……」と、
考えながら勉強することができます。

つまり、「見て覚える」ことと、「解いて覚える」ことが並立できるのです。

タイマーを使って勉強しよう!


タイマーを使って勉強するべきです。

なぜか?

「見て覚える」ことの欠点は、手を動かしてはいないので、
「ただボーっと教材を眺めたまま終わってしまう」危険性があるのです。

「この時間でこれ位の量を覚える」と決めれば、自分にプレッシャーを与えて、その危険性を回避できます。

タイマーを使うというのは、思考系の科目(英語、国語、算数、数学)でも使えることですし、
また少し、コツもあります。
それについては過去記事に書かれてあるので、ぜひご覧ください。
勉強効率はタイマーで上がる!

NEWS!!
家庭教師のEdenがYouTubeチャンネルを開設しました!
動画の数もどんどん増えています!
是非ご覧ください!

また、現在、帰国子女コースの教育を提供しており、ロンドンに拠点を持っているIMR Educationが、
冊子を刊行しております。
是非、ご一読ください。

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください