【保護者向け】子供の勉強効率がアップする!中学受験生の時間管理法!

こんにちは。

お子様が受験勉強を熱心にしているとはいっても、
試験本番までの残り時間が足りないと焦っている方もいるでしょう。
また、習い事や学校行事等で、勉強時間を確保できないというお子様もいると思います。

そこで「どう時間をつくればいいか」という問題になりますが、まず、睡眠時間は削ってはいけません。
(理由はこちら→成功する受験生活!中学受験、大学受験生で、睡眠時間を削るのはNG!

では実際に、どう時間をつくればよいのでしょうか?

そこで今回、家庭教師のEdenがおすすめの「勉強時間のつくり方」を話していきたいと思います。

長時間の無駄な時間は削ろう!


長時間の無駄な時間は削らせるべきでしょう。

それはつまり、ずーっとテレビを観ていたり、ゲームをしていたりする時間のことです。

遊んだり息抜きをする時間も必要なので、それらの時間を全てゼロにするべきとは言いませんが、
それでもゲームは1日に30分までにする、だとかテレビは夜8時までにする、
といった制限は必要でしょう。

また、
テレビを観るならゲームをしない、だとか、ゲームをするならテレビを観ない、
という風に、優先順位をつけさせるのも手だと思います。

しかし、ゲームをしたりテレビを観たりしないというお子様もいると思います。
そんなお子様を持つ方は以下のことに注意してあげてみてください。

動作と動作の間の時間を短くしよう!


動作と動作の間の無駄な時間を削るべきです!

それは例えば、
テレビを観終わった後にだらだらして動かない、だとか、食べた後に眠くて何もせずボーっとしている
というようなことです。
こういう時間が無駄な時間になりやすいです。

テレビを観終わったら早く勉強に戻った方が良いですし、
眠いなら一回寝させて、起きてから集中させた方が勉強効率がいはずです。

一度ダラダラしてしまうと、あと3分、いやあと5分と、ダラダラしている時間は自然と伸びていきます。
朝起きる時と一緒です(笑)。

とにかく、スイッチの切り替えを早くさせることで、時間は生まれてきます。

スイッチの切り替えを早くすることは、受験勉強以外でも役立つことなので、ぜひ実践してみてください!

暗記科目は隙間時間にしよう!


暗記科目は隙間時間にするべきです!

なぜなら暗記科目は環境を問わずどこでも、立ちながらでもできるからです。
詳しくはこちらをご覧ください。

NEWS!!
家庭教師のEdenがYouTubeチャンネルを開設しました!
動画の数もどんどん増えています!
是非ご覧ください!

また、現在、帰国子女コースの教育を提供しており、ロンドンに拠点を持っているIMR Educationが、
冊子を刊行しております。
是非、ご一読ください。

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください