成功する受験生活!中学受験、大学受験生で、睡眠時間を削るのはNG!

こんにちは。

勉強を頑張っている受験生に限って、睡眠時間を削ってまで勉強をされている方がいます。

そのやる気は立派ですが、その受験生活、危険なのも確かです。

そこで今回は、睡眠時間と受験の関係について話します。

睡眠時間を削るのはNG

睡眠時間を削るのは良くないです。

何故か?

人間の脳の機能は昼間によく働き、夜に低下すると言われており、
睡眠時間を削ると、最も頭が働く昼間に、眠気が来るからです。

しかも昼間は、「授業」という、最も勉強をしやすい環境にあります。
なので、昼間を眠気たっぷりで過ごすのは、非常に勿体ないのです。

しかし、最近は深夜1時頃までダラダラと勉強し、日中の学校生活が全くダメになっている生徒が多いです。
それはとても危険です。

私も職業上、夜型になりがちですが、なるべく早い時間に切り上げ、最近は早く寝て
翌日早くおきて作業するようにしています。

短時間睡眠で我慢していることを努力と勘違いしてはいけません。
人によって睡眠時間は違いますが、6時間から8時間はなるべく取るようにしましょう。
夜は12時に寝て、朝7時には起きて勉強するよう、今すぐ改善してください。
また、朝早く起きることも、睡眠時間をとることと同様に大事です。
【中学受験、大学受験生向け】運動?勉強?受験生がやるべき朝活!

人間に与えられた時間は24時間です。
大切なのは睡眠時間を2時間削って、ちょっとしたプラスを稼ぐことではありません。
「起きている時間に多くの仕事や、勉強を達成する」ほうが遥かに大切です。
身体に負担をかけて我慢しながらやる勉強は、その場限りの一時的な成果しか生みません。
適正な睡眠時間をとり、起きている時間の使い方を工夫して、時間効率を上げることが大切なのです。

睡眠をとっても眠い時は?

眠気を呼んでいるのは睡眠不足のみではないのもまた事実です。
きちんと寝ていても、運動後、昼食後に眠くなってしまう事はあります。
そんなときの対処法は過去記事に書かれておりますのでご参照ください。
受験勉強中、眠い時は寝よう!【家庭教師のEden】

また、現在、帰国子女コースの教育を提供しており、ロンドンに拠点を持っているIMR Educationが、
冊子を刊行しております。
是非、ご一読ください。

Follow me!

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください