中学受験、大学受験生必見!成績を伸ばす授業の受け方のコツ!

こんにちは。

春になり、授業が始まったころ。
そこで今回、家庭教師のEdenが、成績を伸ばす授業の受け方のコツを話したいと思います。

予習はした方が良い?しない方が良い?

まず予習に関してです。
予習は基本的にはした方が良いと言われていますが、しなくてもいい場合もあるのです。

それにつきましては過去記事をご覧ください
授業の復習は大事。でも予習って本当に意味あるの?

ノートは、板書プラス先生の言ったこと!


ノートは板書と、黒板には書かかれてはいないが先生が言ったことを、書きましょう。

何故か?
板書されたものはもちろん大事です。テストに出る、テストで使う可能性が高いです。
そして、板書以外の先生が言った言葉がノートに書いてあると、
その、板書した重要事項が覚えやすくなるのです。イメージや流れをつかみやすくなります。

その理屈と同じように、授業内容にかかわる雑談も聞いた方がよいでしょう。
テスト中、その雑談を思い出すことで、点数にかかわる部分を思い出せることがあるかもしれません。

しかし、ノートを細かく取りすぎるのも危険です!
その理由は過去記事で紹介しておりますので是非ご覧ください。
ノート作りや暗記カード作成は中学受験の落とし穴!【家庭教師のEden】

ノートは取らなくてもいい?

ノートを全くとらなくても、気づいたことを教科書に書き込むだけでやっていける人もたまにいます。
そういう人は、教科書の固い文章を簡単に理解できたり、自分のノートにまとめなくても勉強ができる頭のいい人であると思います。
教科書さえあれば理解できる人は、正直、ノートをとらなくても構いません!
あくまで自分に合った勉強法を見つけていく事が大事です!

問題を解く時間は一問でも多く解く!

特に算数、数学などでは、授業中に、問題を解く時間があると思います。

その時間は、指定されていない問題まで解く!という気合で解いてしまいましょう!
毎時間こういう気持ちで授業を受けていると、「一定の時間当たりに勉強できる量」、が飛躍的に上がってきます。
そしてこの、「時間対効果が高い」という強みは、勉強だけでなく、部活動や将来の仕事にも確実にプラスになります!

何よりその時間で宿題まで終わらせてしまえば、帰ってから楽です!

集中して聞く→質問

授業を集中して聞くことは勿論ですが、
おそらく集中している人ほど、先生の言っていることで分からない部分を発見すると思います。

その様な時は、授業が終わったすぐ後に、先生に質問しましょう!

後でいいやと思っていると、いざ質問しようとしたときに、職員室に行かなければならなかったり、先生が丁度席を外していたり、と、なんだかんだで面倒です。

なので授業中分からないことがあったら、授業が終わってからすぐあと、先生が教室を出る前に質問しましょう!

勿論、授業中に手をあげて質問するのもいいと思います!

また、現在、帰国子女コースの教育を提供しており、ロンドンに拠点を持っているIMR Educationが、
冊子を刊行しております。
是非、ご一読ください。

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください