中学受験、大学受験の勉強法!国語の長文読解能力をアップしよう!

おはようございます。

国語には、文章を読んで理解する、読解力が不可欠です。
そこで今回は、
「読解力があるお子さんの特徴」、また、「生活の中で、その特徴を身に着けるためにはどうすればよいか」
についてお話しします。

<国語が得意な子って?>


国語が得意で、読解力がある子には、以下の特徴があります。

①字を丁寧に書く

字の書き方はさまざま。
大きな字、小さな字、角ばった字、丸まった字…
大人顔負けの達筆な字もあれば、判読困難なほどの雑な字も、見受けられます。

そんななか、決して上手ではなくても「丁寧な字」を書く子がいます。
丁寧な字は、たとえ本人が意識していないとしても、
結果的に「読み手によい印象を与える」ことになりますよね。
また、習慣的にていねいな字を書けているお子さんは、
「(文章や設問を)読むときも丁寧」になるのでしょう。
そういった子は、読解力の高いお子さんが多いようです。

②きちんと話す

書き言葉と話し言葉は無関係ではありません。
ふだんのおしゃべりはラフであっても、あらたまった時には「きちんと話す」。
ここでいう「きちんと」というのは、かたい言葉を使うという意味ではありません。
単語で済ませるのではなく「文で話す」ということです。
相手にきちんと伝わるかどうか意識して話す」ということです。
よく語られる例ですが、

生徒「先生…」  先生「はい、何ですか?」

生徒「宿題…」  先生「宿題がどうしたの?」

はじめから「先生、宿題を忘れてしまいました。どうすればよいでしょうか」くらいの
話し方ができるようになるためには、特別な技術や才能は要りません。
ふだんの心がけと実践できまります。

また、単語で済ませてしまうお子さんを見ていると、
「反射的に思い浮かんだ言葉」を発してしまうことが多いようです。
きちんと話すことが実践できるようになると、
これはどの言葉で表せばいいのかな?」と考えるようになります。
記述はもちろん、選択肢の適切さを見極める力とも大いに関係してくるわけですね。

③人の話をきちんときく

これはなにも国語に限ったことではありません。すべての基礎と言ってよいでしょう。
「人の話をきちんときく」姿勢ができているお子さんは、文章も「きちんと読む」、設問も
「きちんと読む」。自分勝手なイメージや憶測をまじえずに情報を受け止めることが
自然にできます。よって、客観性が身につくわけですね。
くりかえしますが、これは国語に限らず全ての教科、
いや、学習以外のあらゆることにおいても大切な意味をもつことでしょう。

<ふだんの生活でできることは?>

では、これらの能力を身に着けるために、日常生活の中で具体的に実践できることをこれからご紹介します。

①正しい字をなぞる

字をていねいに書くといっても、「我流」のままでは、崩れた字やクセのある字はなおりません。
ここでは「活字の上からなぞって書く」練習をおすすめします。

効果を高めるために、パソコンで
かんたんなシートを作ってあげてください。
「字体は教科書体(他の書体の場合、細かい部分で正しい字と異なってしまう場合があります)」
「文字の大きさは20~22ポイント」、そして、できれば、
「文字の色をグレーに」するとよいでしょう。
自分の書いた字の跡がはっきり確認できます。

字の雑なお子さんに特に練習してほしいのは、実は「ひらがな・カタカナ」です。
これらが丁寧に書かれるようになれば、漢字も自ずから丁寧になっていきます。お子さんからすれば「なんでいまさらひらがな・カタカナ…?」と抵抗を感じるでしょうが、
意義をじっくりと説明したうえで実践を促してみてください。

②記述解答例の音読と、「問い返す」働きかけ

最も簡単で確実に効果が期待できるのは「記述解答例の音読」です。
これについては前回のブログでとりあげましたので、詳しくはそちらをご参照ください。
【勉強法】国語の長文の成績アップは、模範解答の音読!

さて、きちんと話すためには、実際の会話で常に心がけたいポイントがあります。
それは

「何が?」・「何を?」・「何に?」・「なぜ?」です。
英語で言う5W1Hですね♪
お子さんが記述の解答で減点される場合、このような疑問に答えていないことが大変多いのです。
であれば、ふだんの会話において

お子さん「やっと終わったよー」  お母さん「何が?」
お子さん「お母さん、取って!」  お母さん「何を?」

などとやってみてください。むろん、親子げんかにならない程度に。

③テレビのニュースの内容を説明させてみる

実際に「話をきちんと聞いていたかどうか」を確認する場を意識的に作ってみましょう。
かんたんにできるのは、
いっしょに見ていたテレビ(ニュースがよいでしょう)で話された
内容についていくつか質問して答えさせる」というものです。
テストするようなかたい雰囲気ではなく、
会話の中のゲームのような感じでやってみるとよいでしょう。

また、ニュースを見ることは、読解力以外の力を身に着けるきっかけになります。それについては、過去記事をご覧ください。
ニュースを知って、考えよう!

言葉への関わり方を少し工夫してみるだけで
お子さんの国語力は変わってくるはずです。
ぜひ、実践させてみてくださいね♪

Follow me!

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください