【中学受験生、大学受験生必見】忘れない暗記法で苦手を克服

こんにちは。

暗記科目を勉強してもすぐに忘れてしまう、という悩みを持っている受験生も多いと思います。

そこで今回は、忘れにくい暗記科目の勉強方法を話します。

尺取り虫型の勉強法

暗記科目が苦手だという方にはずばり、
尺取り虫型の勉強法をおすすめします。

どういうことか?
例えば、日本史を毎日復習するとしましょう。

普通なら
1日目に 縄文時代、弥生時代 古墳時代
2日目に 飛鳥時代 奈良時代 平安時代
3日目に 鎌倉時代 室町時代 戦国時代
という風に、順番に復習すると思います。(大雑把w)

これですと、進みは早いですが、3日目には縄文時代、弥生時代、古墳時代の事を忘れている、
という事態が起こりかねません。

なので、尺取り虫型勉強法では
1日目に 縄文時代、弥生時代 古墳時代
2日目に 弥生時代 古墳時代 飛鳥時代
3日目に 古墳時代 飛鳥時代 奈良時代

という風に、勉強量は一緒でも、一つの範囲を何日か連続で勉強するというやり方をします。

この、少しずつ勉強が進んでいく様子と、
ただ歩むのではなく、身体を前後に大きく曲げながら、一足飛びに歩んでいく尺取り虫の姿が重なることから、
尺取り虫型勉強法と名付けました。

勿論、前者の勉強法で覚えることができる人は、そっちの方が効率的だとは思いますが、
それでは難しいという方も多くいらっしゃると思いますので、是非この勉強法を実践してみてくださいね♫

また、尺取り虫型の勉強だけではない、さらに確実に暗記するための方法を過去記事で紹介しております。
インプット&アウトプットで苦手を克服!暗記科目は五感を使え!

【注意】気を付けた方が良い事

尺取り虫型の暗記科目の勉強をする際には、気を付けた方が良いことがあります。
この勉強法は確実に暗記できる分、進みが遅い……
つまり、
多くの時間が必要になる!ということです。

普段、暗記科目に多くの時間を割くことは難しいのが現状、という受験生の方も多いを思います。
そこで家庭教師のEdenは過去記事に暗記科目の時間の取り方を紹介しております。
暗記科目に細切れの時間を使おう!【家庭教師のEden】

様々な勉強法を駆使して、受験生活を乗り越えていきましょう!

Follow me!

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください