【高校生必見】部活と勉強を両立する方法3選

こんにちは。

高校生の中で、部活と勉強を両立したいけれど、中々できないという方もいらっしゃると思います。
そこで今回、家庭教師Edenが、
部活と勉強を両立させるおすすめの勉強法を話したいと思います。

①理科社会は捨て、英国数に絞る!

部活動と勉強の両立が大変な方は、理科社会は捨て、英国数に勉強を絞った方が良いです。

何故か?

理科や社会の暗記科目は直前からでも十分に伸びる教科であるからです。
つまり、部活を引退してからでも対策が間に合う可能性が高い。という事です。

英国数の思考系の教科は短期間で伸びません。
しかも入試本番の配点も高いです。
英国数の中でも特に英語は得意になっておいた方が良いでしょう。
その理由としては、

  • 全教科の中で配点が最も高いケースが多い。
  • 英検などをとっておくと、試験が有利になる大学もある。(現在増加の傾向にある)
  • 国語や数学と比べ、調子に左右されにくい。→得意になると安定した点数確保につながる。

があげられます。
また、英語の勉強については、過去の記事をご参照ください。

受験生必見!英単語帳、3つのおすすめの覚え方

目指せ速読!3ステップで分かる大学受験の英語長文おすすめ勉強法

何にせよ、引退前から英国数さえしっかりとやっておけば、
後々、部活が終わった後の勉強がすごく楽です!

②細切れの時間の活用

とはいっても、細切れの時間に、最低限の暗記科目の勉強はしておいた方が良いでしょう。

部活の引退後、暗記科目ばかり勉強をし、
英国数の成績が下がってしまう事があるかもしれませんので。

こちらも過去記事に紹介しておりますので、ご参照ください。

暗記科目に細切れの時間を使おう!【家庭教師のEden】

授業中とテスト期間だけ、猛勉強する。

引退までは、授業中の集中とテスト期間のみの勉強で乗り切るのも手です。

授業中に、集中して授業を聞き、全ての宿題を終わらせることで、家でする勉強をゼロにしてしまう。
また、テスト期間に一気に復習してしまう。←意外とここでサボる人が多い。

一見、全然勉強をしていないようにみえますが、
少ない勉強量で済まそうとするほど、集中力が鍛えられ、引退後に大きく成績を伸ばすことができます。

部活と勉強、両立は可能です!

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください