【大学受験生向け】私立文系志望者でも記述模試は受けるべき?

こんにちは。

今回は大学受験専用のコーナーです。

選択問題を主に解いている私立文系の志望者でも、
国立大学の受験生が受けている記述模試を受けた方がよいか?
そんな内容の質問をよく聞くので、今回はそれにお応えしたいと思います。

基本的に受けるべき!

基本的には私立文系の志望者でも、国立大学の受験生が受けている記述模試を受けた方が良いと思います。

何故か?

国語について

まず国語においては、選択問題も、記述問題も、本質的な思考方法は一緒なのです。
どういうことかと言いますと、
「○○とはどういうことか?」
と聞かれて、選択問題では4つくらいの選択肢から正解を選びます。
ずばり、その選択肢の文を書けば、記述模試では正解になるのです。

色んな要素を探して答えを作っていく、
という面において選択問題も記述の問題も国語においては一緒のケースが多いです。

私立でも記述は出る。

私立文系といっても、試験に記述の問題が出るケースがあります。
今まで出ていないとしても、入試の問題とは年ごとに変わっていくもの。
入試本番が、記述問題の初見、とならないように、一度は受けることをおすすめします。

例外)センター試験のみを受ける人

センター試験のみを受ける人、つまりセンター試験で受験の結果がほぼ出るという人も、
私立文系の生徒の中にはいるでしょう。

そういう人は、記述模試を受けなくてもいいと思います。

センター試験は、選択問題が約束された試験です。
記述模試も受けて確かに力になりますが、センターレベルでは絶対出ない難しい問題もあるので、
時間の無駄になることがあります。

今回はここで終わりますが、
何にせよ、受けた模試には復習が絶対です。
模試の復習につきましては下のURLから是非ご覧ください。
中学受験の、とありますが、大学受験にも十分役立つ情報となっております。

復習ってどうやるの?【中学受験のEden】

Follow me!

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください