ニュースを知って、考えよう!

こんにちは。

戦争、IT 政治、災害……
毎日たくさんのニュースが、世間を騒がせています。
そのニュースを中学受験をされる子供たちはいったいどの程度知っているのでしょうか。

今回は、そんなニュースと受験の関係について話していこうと思います。

ニュースを知ることは受験に役立つ!

中学受験をされる生徒は、ニュースを知った方がよいでしょう。

何故か?

まず学校によっては
社会の問題に、時事問題を出してくる学校があるからです。

また、国語の長文、
中学校以降の受験生であれば、英語の長文にも、
最近のニュースを題材にした問題が出されることが多々あります。

直近の中学受験の対策として、ニュースをチェックすることは重要であると言えます。

ニュースを知ったら、考えよう!

知ったニュースをそのままにしておくより、もう一歩進んだニュースの扱いを薦めます。
それは、

そのニュースについて考え、ニュースに対する自分の考えをつくっておく事です。

思考力を鍛える意味で、これは重要な事です。

現在教育界でも、
ただの知識問題の割合が減り、記述式など、思考力を問うてくる問題の割合が多くなってきています。
2020年度から、全てがマーク式のセンター試験が廃止され、
記述を含めたテストに変わる事にもその傾向は見えます。

つまり、幼いころからニュースを見て、自分はどう感じたか?どう思ったか?どっちの方が良いと思うか?
と、考える行為をしていれば、
思考力が上がり、中学受験だけでなく大学受験まで通じる力の基礎を身に着けることができます。

ただし、注意点があります。
ニュースや新聞は、その局や社によって意見が大きく違うので、
様々な局や社のメディアを見て、1つの考えに支配されない事をおすすめします。

一日のほんの少しの時間でいいので、
ぜひ、皆さんニュースをチェックしてみてください♫

Follow me!

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください