やる気は後からついてくるもの【家庭教師のEden】

こんにちは。

この時期は、
中学受験の入試シーズンまでまだ時間があるので、
なかなか勉強のやる気が出ない方も多いのではないのでしょうか。

そこで今回は、
やる気と勉強の関係について話したいと思います。

「やる気」→「勉強」ではなく、「勉強」→「やる気」

結論を言うと、
やる気があるから勉強するのではなく、
勉強を始めるからやる気が出るのです。

中学受験の勉強だけではなく、
全ての物事においてこれは共通してます。
脳科学でも心理学でも証明されている事です。

ときたま訪れるやる気、
それを正しくは気まぐれと呼びます。
どれだけ努力している人も行動に移す前はやる気がない事がほとんどです。
皆、昼頃に起きて、夜までユーチューブを見ていたいんです。

しかし、
まずは10分、
机に向かってペンを持ち、教科書を開きましょう。
そしたらきっとやる気が出ないだとか、だるいだとかいう感情は薄まり、
自然と目の前の問題に集中できるはず!

コツは場所を変える事

それでも勉強ができないと言う方は、
場所を変えることをおすすめします。

家だとネット環境や漫画があるので誘惑があります
なので、
塾や図書館など、勉強している人が多い場所をおすすめします。

何故か?

勉強している人数が多いと、一人だけスマホをいじっていたりするのが恥ずかしくなるからです。
また、周りが勉強しているから、自分も負けないように頑張らねば、
と自分にプレッシャーをかける事もできます。

是非、自分のやる気を支配して、
これからの受験生活を有意義なものにしていきましょう!


Follow me!

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください