ノート作りや暗記カード作成は中学受験の落とし穴!【家庭教師のEden】


こんにちは。

中学受験をされる方にとって、
理科や社会の暗記科目をいかに早く覚えるかというのは
全員が考える事だと思います。

そこで今回は、
ノート作りや暗記カード作成と
理科や社会の暗記科目の関係について話していこうと思います。

ノート作りや暗記カードはほどほどに!

ノート作りや暗記カード作成に費やす時間はほどほどにしましょう!

何故か?

「作っただけ」で満足して、
肝心の「覚える」作業まで行かないケースが非常に多いからです。


皆さんの周りにも、
ノートに書いてある字やレイアウトは非常にきれいだけれど、
実際成績はあまり高い方ではなかった、
という方が、一人はいた、もしくは現在いるのではないでしょうか?

そういう方はおそらく、「作っただけ」、
つまり、「勉強した気になっているだけ」で終わってしまっているのです。

それは非常に勿体ない!

ノートは最低限のきれいさを保って、
勉強時間はなるべく、覚えたり、解いたりすることに使いましょう!

また、
自分の教科書や、自分が書いたノートの中に、
「自分が分からないところはココ!」という印をつければ、
暗記カードを作る手間も省けるはずです!

中学受験をされる皆さんは是非、合格への最短距離を走っていきましょう!

ノートを否定しているわけじゃない!

そうはいっても、ノートを作ることを丸ごと否定している訳ではありません!

やはり、
「得た知識を手を使って紙に書く」
というのは記憶の定着にもいい事です。

「じゃあどうノートをとれば正解なの?」
そう思われる方はぜひ、

【家庭教師のEden】

へお越しください。

我々がノートの取り方だけでなく、
合格へのプロセスを丁寧に解説させていただきます!

関連記事はこちら

暗記科目に細切れの時間を使おう!【家庭教師のEden】

結局は暗記が全てです♫

Follow me!

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください