暗記科目に細切れの時間を使おう!【家庭教師のEden】

こんにちは。

中学受験をされる皆さんは、
理科や社会の、暗記科目の勉強をどのようにされていますか?

今回は、効果的な暗記科目の勉強方法について紹介したいと思います。

暗記科目は細切れの時間に!

暗記科目、つまり理科や社会は、「細切れにの時間」に行うべきです!

「細切れの時間」とはどういう時間でしょう?

それは例えば、
電車を待っている時間、
学校で教室を移動する時間、
お店に並んでいる時間などの、ちょっとした時間の事です。

そこの時間を暗記科目に使う事で、
周りとの差が徐々につき、1年経つとその差が大きく開いていることがあります。

そしてその「細切れの時間」の方が、
普通の勉強時間よりも、集中できることがあります。


それは何故か?

時間が少ないと、
その時間の間に覚えようという良いプレッシャーが自分にかかるからです!

是非皆さんも「細切れの時間」を活用してみてください!

この時期は、暗記科目よりも国語や算数!

まだ中学受験の入試まで日があるこの時期は、
主に国語や算数の、思考系の問題に重点を置いた方が良いです!

何故か?

思考系の問題は秋頃から伸ばそうと思ってもなかなか難しく、
逆に暗記系の問題は直前でも伸びやすいからです。

今のうちに思考系の科目を得意にしておきましょう!

しかし、だからといって暗記科目をすべて放っておいてはいけません

そこでやはり、
「細切れの時間」で暗記科目をできるだけ片付け、
沢山勉強時間が取れる時に、思考系の勉強をするのをおすすめします!


2019年の合格速報になります(^ ^)

関連記事はこちら

帰国子女にもおすすめ!中学受験に使うべき漢字ドリル4選!【個別家庭教師のEden】


Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください